泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

うわあ傑作だ
しかもじわじわ来るタイプの
終わった瞬間、ポカンと置いてかれてしまう
もやもやする、だけどズシンと心にくる

あれは、あーだった、こーだった、
あの時はどういう心境?
あの表情、あの台詞。
そうかそうケリをつけたのか
いや何も変わってない
終わってないじゃん
あのとき何ていってたの・・・etc

映画を見終わってから続々と
疑問と回答が頭の中に渦巻いていて
帰りの車の中で泣いてしまった

安藤サクラの母性が圧倒的すぎて。
リリーフランキーの哀しみが身にしみすぎて。
松岡未優の娘心女心に同情しすぎて愛おしくて。
(今回は是枝さんの足フェチがなく胸フェチ全開)
あの子役の娘っこの、最後の表情がこびりついて。
どうしようもなく、ひきずってしまっています

とにかく
安藤、リリーの演技が圧倒的過ぎる
そして是枝監督がちりばめられた伏線が
すさまじい

是枝監督が経験したであろう家族の
幸せの心象風景。
自分も子供の頃、家族で旅行した
あの出来事がシンクロする。
あんなに喧嘩だらけで大変だった家族の思い出が
いま思えば最高の幸せだったと分かる・・・

基本、
子役の男としての成長物語としてみましたが
さまざまな視点でいく様にも反芻できる
なんだか小津安二郎のこともふと思いだされるし
カメラワークなんかも気になる
落語の人情話しっぽいのも気になる
この映画で一晩中語れます

さまざまな他人の感想みてみたい
はあ・・・とりあえず
まあ感想も書いたし
酒飲んで寝る・・か
まさに俺はリリー系ダメ男だ(笑)
お爺「婆さん、そろそろ引き上げようか?」

お婆「早く帰ったって、子供や孫の顔が見られる訳じゃなし。
ねえ、爺さん、一緒になって四十年以上、もう子供は駄目かねえ」

お爺「おい、婆さん、お前、その歳で子供生むつもりかい?」

そこへ一人の客。

客「おい、ラーメン、作ってくれ」

お爺「へい、いらっしゃいまし、少しお待ちくださいよ・・・へいお待ちどう様。」

お婆「(小声で)この人、二十二、三くらいかね。鼻が上を向いている所なんざ、爺さんそっくりだねえ」

ところが、このお客。
ラーメン三杯食べたあげく、金がないから、
無銭飲食で交番へ突きだしてくれ、と言いだした。

客「あっしは物心がついた時にゃ、他人に育てられて、親もねえ、家のねえ身。真面目に働くのもいやになってな。今夜は寝る所もない、ブタ箱で一晩すごせば、朝飯だけは食わせてくれる」

お爺「ほほう・・。じゃ屋台を終いますから、ちょっいと待ってください。片付けますんで。あら、ヨイショっと。おい、婆さん、しっかり押しなよ、重いな、ぶらさがってんじゃないのかい?」

客「ったく、爺さん、俺が引いてやろう。爺さんとこの家族は大勢なのかい?」

お爺「いやあ、婆ぁさんと二人っきりですよ。息子も嫁もいません。ああ、すいません、 この横丁を入ってください。おい、婆さん、茶でも入れな。」

客「でも、交番へ行かなきゃ。」

お婆「爺さん、あそこから家まで屋台を引いてもらった労働賃金はどうしましょう?真夜中に屋台をひいてもらったら、ラーメンの三つくらいトントンじゃないですか。」

お爺「そうだな、それじゃ、今夜はここでお休みなさい。きたない家だが、ブタ箱よりはましだ。先ほども話しましたが、四十何年の夫婦でありながら、うちは一人の子供もいない淋しい爺ぃ婆ぁなんですよ。百円差し上げます。たった一言でいいから、"お父っつぁん"と言ってくれませんか?」

客「ええっ?じゃあ、目をつぶって言わしてもらうよ。お父っつぁん!」

お爺「(泣きながら)ああ、ありがとう、良い気持ちだ。」

お婆「じゃ、私は二百円出しますから、少し小声で甘えるようにさ、"おっ母さん"って呼んでくださいな」

客「そんな、呼んだこともねえ言葉だし、難しいなぁ。こうかい?おっ母さん・・・」

お婆「(泣きながら)なんだい?(かみしめて喜ぶ)」

お爺「あなた名前は何てんですか?えっ安夫さんってのかい?じゃ、今度は三百円で、私が呼び捨てにしますから、"何だい、お父っつぁん"、って言ってください。良い ですか。『安夫!』」

客「何だい、お父っつぁん。」

お爺「うーん、三百円じゃ安い(泣く)。」

お婆「はい、今度は私が五百円出しますから、あなたがいたずらをしたということで『安夫!』って叱るように言いますから、『おっ母さん、ご免ね』と言ってくださいな。じゃ、やりますよ、『どこへ行ってたのさ今頃まで、お前が帰って来ないからおっ母さん、ご飯ものどを通らないで・・・』」

お爺「婆ぁ、長げぇなぁ!」

お婆「五百円なんだから、少しは楽しませてくださいよ。『どこへ行くかと、行き先ぐらい言っていったらどうなの!安夫!』」

客「おっ母さん・・・(見つめて涙が出る)、おっ母さん、ご免ね。」

お婆「ありがとう、ありがとう(顔を押さえる)。」

お爺「じゃあ今度は私が七百円で、あなたが先に『お父っつぁん、僕が働くから、ラーメン屋なんかよしてくれよ。』と言ってください。後は私の方で勝手にやりますから、はい、どうぞ。」

客「(泣きながら)お父っつぁん、俺が働くから、ラーメン屋なんかよしてくれよ。安心して俺にまかせてくれよ(号泣)。」

お爺「そう言ってくれるのはありがたいが、いくらかでも小金を貯めておかないと、おまえが嫁をもらって子供でも出来れば、孫におもちゃのひとつも買ってやりてぇじゃあねぇか(泣く)。ああ、楽しかった。婆さん、今夜は楽しかったなぁ。」

客「・・・今までもらったお金は全部返します。返しますから、私の頼みも聞いてください。」

お爺「あなたの頼みって?」

客「(泣きながら)せがれ、と呼んでください・・・」


 



大迫半端ないってとは、第87回全国高校サッカー選手権大会準々決勝鹿児島城西vs滝川第二の試合後に滝川第二のDF中西隆裕選手が鹿児島城西のFW大迫勇也選手を絶賛した言葉である。

大迫選手のいわゆる「後ろ向きのボールをめっちゃトラップ」を目の当たりにした中西選手の発言。「大迫半端ないって 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通」と続く。

史上最悪の組み合わせ
「ダンディザムービー」戦争映画を徹底研究!

戦争映画の歴史
戦争映画というのは、第二次大戦が終わってから、60年代、70年代になるまで、娯楽の王道だったんです。西部劇と同じジャンル映画で、善玉が悪玉をやっつける勧善懲悪ものでした。有名なところでいうと1962年の『史上最大の作戦』といって、ノルマンディ上陸を描いた映画があります。

史上最大の作戦 [DVD]
史上最大の作戦 [DVD]
posted with amazlet at 13.02.06
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-10-08)
売り上げランキング: 3,116
これは連合軍が苦戦したけれど、敵をやっつけるという話です。この戦闘でドイツをやっつけることが出来たという重要な作戦でした。この映画は大作中の大作で、豪華キャストを配役にして、当時で、40億円以上かけて創られました。見終わってスッキリしますし、兵隊も誇り高く描かれていて、国威高揚にもつながっていくという、シンプルな映画でした。

1970年代にはいっていくと、それまでは実録的な感じの戦争映画だったのが、戦争を背景にした娯楽作品がつくられていきます。1972年に作られた「戦略大作戦」という映画は、ルパン三世じゃないけど、泥棒をしたいんだ、俺達は金が欲しいんだということを戦争をベースにアクションエンターテイメントとして描いています。

戦略大作戦 [DVD]
戦略大作戦 [DVD]
posted with amazlet at 13.02.06
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 3,002
これは今のタランティーノあたりが影響を受けています。

そして1979年に上映された「地獄の黙示録」。もう題名言っただけでニコニコしちゃいます。
地獄の黙示録 [Blu-ray]
地獄の黙示録 [Blu-ray]
posted with amazlet at 13.02.06
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-05)
売り上げランキング: 772
ワルキューレの音楽にのせてヘリが登場するシーンは有名ですね。映画自体は文芸調なんですが、アクションのりの娯楽として撮っていると僕は思います。この映画そのものは「闇の奥」という小説を元にしてますので文芸作品なんですが、後半は凄く観念的になってきます。

第二次大戦を描く戦争映画にはロマンがあったんです。誇り高い軍人が戦地にいって戦った、偉い!と思ってたんです。それは戦場の現実を知るすべがなかったからなんです。ところがベトナム戦争になってテレビが発達してきていますから、お茶の間にベトナムの残虐映像が流れてきてしまったんです。ニュースとかで。

あれ?俺たちは戦争ってカッコイイと思っていたけど、違うんだ。今まで体験者が酷い現実を語っていた人はいたけど、そこまでとは思わなかったんです。今まで能天気に戦争をカッコイイと思っていた人たちが現実を知ってしまうわけです。

しかも第二次大戦はアメリカが戦勝国だったけど、ベトナムでは負けていく。無駄死に感が出てきちゃったんです。なんのために、アメリカ人が死んでいくのか分からなくなってきたんです。そこでやってくるのが1978年の「ディアハンター」なんです。

ディア・ハンター [DVD]
パイオニアLDC (2003-02-21)
売り上げランキング: 84,641
これはもう兵隊の描き方が前とは全然違くて、ヒロイックな兵隊ではなくて心が病んでしまっている兵隊なんです。兵隊としての自分に疑問をもっている人間が描かれている。今までの能天気な兵隊とは一線を画すんです。自我が崩壊していくさまっていうのはこの頃から必ず戦場の中に描かれていきます。

たとえば「ランボー」なんていうのも戦争で精神を崩してしまった帰還兵を描いています。
ランボー [DVD]
ランボー [DVD]
posted with amazlet at 13.02.06
ジェネオン エンタテインメント (2004-06-25)
売り上げランキング: 37,620
このちょっと前くらいだと、「戦争のはらわた」なんかも自我が崩壊している人を描いてはいるんですけど、それは戦争好きな人で戦争に戻りたくてうずうずしている人が描かれていたんです。だけど、だんだん暗い現実というかリアルになって苦悩をかかえていくようになります。

戦争のはらわた [DVD]
戦争のはらわた [DVD]
posted with amazlet at 13.02.06
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 7,455


1986年には「プラトーン」というベトナム戦争の映画があるんですが、これもどれだけアメリカ人にとってベトナムがトラウマかっていうのがわかります。

プラトーン (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2010-06-25)
売り上げランキング: 5,196
地獄のような戦場でアメリカ人がバタバタ死んでいくんですが、この映画で真正面から戦争を描いていて、アメリカは正義ではないんだと。アメリカ兵の中にはとんでもないやつがいて、自分たちもそいつらと同じなんじゃないかと。そういう内面の悩みというもの、この戦争をやっている自分たちは本当に正しいのかということを問い直すようになったんです。そういうことを考えすきっかけになったのが、ベトナム戦争だったんです。

「フルメタルジャケット」なんかも戦争映画の爽快感なんかまったくない、0です。
フルメタル・ジャケット [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2003-12-06)
売り上げランキング: 39,507
訓練も地獄なら、行っても地獄。戦争映画がこうやって能天気に楽しめなくなって、それでも戦争映画を見たいという風になってきて、そこであらわれたのが、実はSF映画の「スターウォーズ」なんです。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2011-09-16)
売り上げランキング: 236
この映画でジョージルーカスは絵コンテのかわりに、クライマックスシーンを第二次対戦の飛行機の戦闘写真を切って張ってスタッフに見せて、これをやるんだと説明したんです。帝国軍の機動歩兵がもっている銃はドイツ軍の銃なんです。いかにもナチっぽい敵をつくって、戦争映画をSFに変えて描いたんです。それ以外に海賊映画の要素もありますが、メインは戦争映画なんです。つまりこれは脳天気な戦争映画のやりなおしなんです。

地獄の黙示録っていうのは実はジョージルーカスがやろうとしていた企画だったんだけどいろいろあって、コッポラにゆずったんです。そもそもルーカスがやろうとしていたのは実際の戦場のベトナムにいってフェイクドキュメンタリーを作ろうとしたんです。ところがそれを考えているうちにサイゴンが陥落しちゃったんでできなくなったんです。

コッポラもベトナムの戦地にいって撮影する気満々だったんです。映画の中に描かれている戦場で戦っている兵士に指示をしてカメラを回すというのを、本当は現実の戦争でやろうとしていたんです。戦場そのものの中に入りたかったんです。脚本はジョンミリアスという極右の人が書いていますので、戦場で撮影したくてしょうがなかったんです。

その後、エポックメイキングだった戦争映画が「プライベートライアン」というスピルバーグが撮った映画です。
プライベート・ライアン [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006-07-07)
売り上げランキング: 1,005
これもノルマンディー上陸作品を描いているんですが、冒頭から度肝を抜かれます。映画館の椅子に背中が張り付くような、映画館で銃弾をよけるくらいの臨場感のある、戦場のにいるかのように感じさせる、すさまじい映画です。スピルバーグは脚本のフランクダラポンにこの戦闘に携わった帰還兵に徹底的に聞き取り調査をさせて、一番エグイ話しだけをピックアップして映像化したんです。

あまりにリアルに描いたので試写会にきたその帰還兵たちがフラッシュバックをおこして倒れてしまったほどなんです。2001年になると「プライベートライアン」の流れをくんで、リアルな戦闘を描いた「ブラックホークダウン」が上映されました。

ブラックホーク・ダウン(買っ得THE1800) [DVD]
ポニーキャニオン (2010-01-20)
売り上げランキング: 1,617
これはリドリースコット監督が撮ったソマリアの市街戦の話しで、これも負け戦というか失敗作戦を描いているんですけど、実際にヘリコブターが墜落したりした実録の映像をもとに映像化していて、そのリアルさは相当なものがあります。

それからこんどは、敵が国ではなくて、対テロ戦争になってきてだんだんややこしくなってきます。それが出てきたのは「ワールドオブライズ」っていってこれもリドリースコットなんですけども、ディカプリオ主演でCIAの局員がハイテクを駆使してテロと対決しようとする映画です。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-04-29)
売り上げランキング: 36,063
敵側は砂煙で衛星から監視してるのを見えなくして、ローテクをつかって対抗するような現実の戦闘を描いています。実際に今では現地にいないのに爆撃をする戦争になってきていて、それを何十年も前にSF映画で今の戦争の形式を描いていたのがジェームスキャメロンの「エイリアン2」だったりするわけです。

エイリアン2(完全版) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) (2012-07-18)
売り上げランキング: 19,328
今回紹介した「ゼロダークサーティ」なんかもハイテクを駆使してテロリストを追いつめるといういってみれば「エイリアン2」みたいなSF戦争が現実に行われているとしてみざるを得ないような世界にいるわけです。ただ「エイリアン2」のように爽快感をもって「ゼロダークサーティ」は見られない、生々しい戦争が現実には行われているんです。あと戦争映画といっていいのかわかりませんが「イングロリアスバスターズ」というタランティーノの作品があります。

イングロリアス・バスターズ [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-05-12)
売り上げランキング: 23,400
これはナチ占領下のフランスで、次から次へとナチスを殺していくというユダヤ人によるナチ復讐の映画です。こんどのジャンゴもそうなんだけど、現実には力尽きて亡くなった人たちが映画の中だけでも敵をやっつけてしまおうという願望の映画なんです。歴史的な事実を書き換えてしまうんです。だから戦争映画としては過去を書き換えているのでSF映画ともいえると思います。

あと僕が最近で印象深かった戦争映画は「ランボー4」で、これは生々しい戦闘を描いているプライベートライアンイズムというか、凄まじい殺戮が描かれて残酷なんですが、この映画に描かれているスピリットそのものがミャンマーで現実に戦っている人たちがスローガンにしてしまうという。映画が、現実の戦争に影響をあたえてしまうそういうことも起こっています。

ランボー 最後の戦場 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-02-17)
売り上げランキング: 29,447
(高橋ヨシキ、水道橋博士)

2013・1・25東京MXテレビ ニッポンダンディより

その他オススメされた映画「高地戦」、「禁じられた遊び」、「父親たちの星条旗」

各界無類のシネマファンが選んだ戦争映画ランキング!(10位⇒1位)

死ぬまでにもう一度みたい戦争映画ベスト10(邦画)

2ch戦争映画ベスト10


死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
スティーヴン・ジェイ シュナイダー
ネコ・パブリッシング
売り上げランキング: 29,900

藝人春秋
藝人春秋
posted with amazlet at 13.02.06
水道橋博士
文藝春秋
売り上げランキング: 88


★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20