泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 





うわあ傑作だ
しかもじわじわ来るタイプの
終わった瞬間、
ポカンと置いてかれてしまう
もやもやする、だけどズシンと心にくる

そして考え始める
あれは、あーだった、こーだった、
あの時はどういう心境?
あの表情、あの台詞。
そうかそうケリをつけたのか
いや何も変わってない
そう。。まだ終わってない
あ、あのとき何ていってたんだろう・・・etc

映画を見終わってから続々と
疑問と回答が頭の中に渦巻いていて
一人帰りの車の中で泣いてしまった

安藤サクラの母性が圧倒的すぎて
リリーフランキーの哀しみが身にしみすぎて
松岡未優の娘心女心に同情しすぎて愛おしくて
あの子役の娘っこの、最後の表情がこびりついて・・・

とにかく
安藤、リリーの演技がすご過ぎる
そして是枝監督のちりばめられた伏線が
すさまじい
その伏線は映画の中の俳優の表情だったり
台詞だったり、カメラのガカクであったり
現実世界の貧困のニュースであったり
是枝自らのフィルモグラフィであったり
日本映画の歴史だったりもする

是枝の最高傑作というか。
彼の作品が集結されていて
彼の作品に時に疑ったことがあった
けどそう
一貫した弱者の視点だ
だからこそ泣けてくる。

是枝監督が経験したであろう家族の
幸せの心象風景。
自分も子供の頃、家族で旅行した
あの出来事がシンクロする。

基本
子役の男の子としての成長物語なのだろうけど
どんだけあの子の表情(の変化)に意味もたせてるんだよ
どんだけその表情でみているものたちの心を揺さぶるんだよ

だけでなく、
さまざまな視点から、いく様にも反芻できる
なんだか小津安二郎のこともふと思いだされるし
カメラワーク、落語の人情話しっぽいのも気になる
この映画で一晩中語れる

他人の感想みてみたい
むらむらしてくる
はあ・・とりあえず。
まあ自分の感想も書いたし
酒飲んで寝る・・か
中華
俺はリリー系ダメ男だよなあ(笑)


 
PS.2018 9/16 きききりんが亡くなったのを聞き
すごくショックなことに驚いています
自分にとって相当、身近であたりまえでやっかいで
それでいて在り難いそんざいだったなとおもいます。
なんだか泣けてしまったのでUPします

というか
この映画を見てわかるように
彼女は死期を予想して、それで遺言のように台詞をいい
すばらしい演技と最高の作品をのこして
そして最高のタイミングで死んでいったのです
もやもやしていたのはそういうことだったのかもしれません
そんなことを無意識に気がついていたのかもしれません
それに、いまごろ気持ちが蘇って
そして追いついてきたので泣けてくるんだな、と。
 





すげえなライブでこれ
全盛期のホイットニー、マライアに匹敵

Story 5
Story 5
posted with amazlet at 18.09.07
POS & So Hyang
Ji Kim (2014-10-20)
売り上げランキング: 646,957
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20