泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

東京新聞の名物記者、
望月衣塑子(もちづき いそこ)の密着ドキュメント。
官邸権力に立ち向かい真実を追究する女記者の奮闘を描く。

油断してた
いきなり最初の5分で涙が出た
権力への抵抗と執念がすさまじい

んだけど
油断してた
次第にこれがもう面白くなってきて
最後は爆笑
超度級のコメディ映画でした

モンスター官邸VSモンスター新聞記者の構図
血みどろの争い
クライマックスの交差点でのにらみ合いバトル?で
大爆笑してしまった
悪意ある編集というか、編集でいかにでも
ドキュメンタリは面白くなる

客が10人くらいしかいなかったんだけど
これはみるべき映画
いずれいまの権力者は捕まるだろうから
いまみるべきdeath!

ps今年の主演男優賞は菅義偉(すがよしひで)の可能性が出てきた(笑)

関連映画
映画「新聞記者」の感想

映画「FAKE」の感想(相当な傑作ドキュメンタリ?映画)
キューブリック監督の「シャイニング」の続編。
シャイニングの時のあの子役が大きくなった役を
ユアンマクレガーが演じてます。
マイク・フラナガン監督。

うーん。
やっぱ。
キューブリックのシャイニングが偉大だってことかなあ。
あの衝撃。
世に与えたインパクト、
あの映像感覚、あのジャックニコルソンの怪演。
どうしたって越えられない。

しかしどうにも
とっちらかってる気がしたんだよね
SF大戦争といいましょうか、
そういった活劇に、
シャイニングの世界を乗っけて
超能力者の苦悩を描いてる

いろいろ描きたいのは分かるけど
途中で魔女が空飛ぶ?場面で
かつての日本のSFドラマ、眉村卓の世界を思い出しちゃって
かなりチープな気がしたよ。

カメラワークやユアンマクレガの存在感
それはよかったけど
なんか全体的に演技の質もいまいち

あのシャイニングの続編となると格落ち感は否めない
しかもキューブリック版を見てないと
なんじゃこれ??となってしまうでしょ
なんで迷路?なんでそっくりさん?
なんでホテル?とか思っちゃうでしょ

でも楽しくはみれたんですよ
ホスピスの話しを中心に単独で描いてたら
もっといい感じになってた気がしたなあ
グリーンマイルとかアメージングストーリーとか
あんな風になってたかもね
 


ぶはははは
なにを隠そう
わたくしが一番好きなゾンビ映画は「ゾンビランド」なのだ(笑)
10年ぶりにその続編がやってきました!
ゾンビランドの感想

今回も豪快なロードムービーになっていました

ダメダメ弱腰男ジェシーアイゼンバーグ
あいわららずのダメっぷり
そしてまさしくアメリカ白人のウディハレルソン
さらに、エマストーンが
まだこんなB級なバカ映画にでてくれる
あの擬似家族を見てるだけでそれでいい♪
映画自体、くすくす笑いで淡々と進むも
ドンパチあって迫力あり
んで、結局一致団結のプチ感動ありで
楽しかったです

けど残念なおしらせですが
アビゲイル・ブレスリンたん
あの可愛らしいお嬢様が・・・・
劣化しちゃうました(涙)
いいんですよ
やるのはいいんですが
おばちゃん体型ででますかね
がんばって欲しかった
ウディとの擬似親子の感動場面も
もったいないっすぅ;

とはいえ
ひとつ気になる女優、どっかでみた人ですが
ゾーイ・ドゥイッチたん!!がよい!
彼女のトンデモバカっぷりが最高!
いやーよかったですね
今回の収穫です

好き嫌いわかれるでしょうが
ま、いってみれば
上級者向けデートムービーになってたと思います
それなりに満足だす♪

あおっと
サプライズのビルマーレもでてますぜ(笑)
ぶはははは




ウィリアムフリードキン監督、
ジーンハックマンの刑事ものね
アカデミー賞主要5部門受賞

テレビでやってたので
この名作を何十年かぶりに見た

覚えているのはカーチェイス
ジーンハックマンの渋い感じのポパイ刑事
ふらふらしたカメラくらい

で、なんといっても
犯人の乗った列車を、
高架下で追うカーチェイスは今見てもやばい
ほんとにジーンハックマンがハンドル握ってるとか
かなりやってくれてました
危なすぎます(笑)

そして犯人とのおいかけっこの基本
尾行を電車でまくとか、いろいろ
この映画のあるあるをみんなまねしたんだね
たしかに、名作といっていいでしょう

エンディングを覚えてなかったけど
こんな、あれ?って落ちだったっけ?
拍子抜けしちゃった
でもそれをもってしても魅力的な映画だったね♪


フレンチ・コネクション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-03-16)
売り上げランキング: 12,436

チャンイーモウ監督
高倉健の主演による
中国での巻き込まれロードムービー。(笑)

しかしこれが
意外にもよかったんだよね
まったく期待してなかったんだけど
なんかいちいち泣けてきちゃって
イーモウ節と健さんのコラボマジック

健さんの演技
なんだそれ?っていうか
もはや演技ではないんだよね

健さんの朴訥とした
なんともいえない存在感
違和感、緊張感
目が離せない
なにかする度
感激させてしまう力がある

チャンイーモウの健さんへの想い
その男儀、ひしひしと伝わってきて
それが映像に表れてた

監督は、健さんの佇まいを
ただ撮りたかっただけなんだなあ

映画の出来とか
いいとか悪いとかじゃない
そういう気持ちの映画だった
みといて良かったと思ったな


単騎、千里を走る。 [DVD]
東宝 (2006-09-22)
売り上げランキング: 13,887

レジンオブジェ ベビードッグ/パグ QYL-1302


独身の天然ドジ女性が
祖母の形見のパク犬を飼うことになって
あっちゃらこっちゃらでドタバタになりつつ
職場である学校で失敗したり、
恋愛に翻弄されたりで
結果的にはハッピーエンド
泣けて笑えるB級作品であります


チープこのうえなく
先が読める展開
くだらねえと苦笑を連発しつつ
最後まで見ました

しかしまー
今のわたくしめは
こういう映画みたかったんだなあ

難解で考察が必要な
重い映画はいま自分は必要としてない
こういうバカ映画、だけどバカすぎない
ライトな映画がみたかったのね

なんつーか
ちょうどいい映画でした♪


パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ [DVD]
TCエンタテインメント (2019-03-06)
売り上げランキング: 75,990
「英国王のスピーチ」「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」製作陣が贈る、必見ラブコメディ!!ちょっとダメなアラサー女子に訪れる、人生最大のモテ期!?ブサカワなパグ犬が巻き起こす、恋の大騒動!
シックスセンスのシャマラン監督の最新作。

かなり考えられていて
アンブレイカブル、スピリット、の続編(三部作)ともいえる
久々のシャマランのヒット作

例によって?
超人がいてビックリ!という話

何しても不死身で、悪を見抜く超人
天才頭脳だけど93回骨折してる、壊れやすい超人
24の人格をもち、獣のような強さを発揮できる超人

その3人とその周辺がせめぎあい対決します
予想がつかない展開と
あっと思わせるラストあります

ですが
どうにもテンポが鈍い、暗い
ので
ノレなかった
自分には合わなかった

哲学的ともいえるんだけどなんか浅い
だから何?っていう(笑)

久々のシャマランのヒット作のようですが
みるのしんどかった
かなり期待したので満足度低いっす
残念


ミスター・ガラス [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2019-09-04)
売り上げランキング: 1,231

★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20