泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

極限トランク (PHP文芸文庫)
 
極限トランク (PHP文芸文庫)
木下 半太
PHP研究所 (2016-07-10)
売り上げランキング: 201,265



読み始めたらとまりません

B級映画っぽくて面白かった

予想以上♪
ダ・ヴィンチ 2017年1月号

ダ・ヴィンチ 2017年1月号



小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-06-18)
売り上げランキング: 15
人が人を疑い拷問の果てに追いつめていく
たとえば、かつての日本が軍国主義であったとき、
たとえば、アメリカの赤狩りの時代、
たとえば、ナチス、たとえば、魔女狩り

密告社会、監視社会の恐ろしさ
罪のないものを罪のあるようにしたてあげていく
「中世の魔女狩り」が、「平和警察」によって現実となった世界
そういう社会になったら・・・


伊坂幸太郎の作品の面白さは
さまざまにちりばめられたた、小さい伏線が、
最後に結集して、そのミステリが紡ぎ出されていくところ。
そしてその肝になるのが反骨精神、反体制である

読んでいて、気分が悪くなるくらいむかむかして
読むのを何度も中断しつつ
豪快な結末まで、読み続けました。

一見コミカルで読みやすく
エンターテインメント性の高いミステリのようだけど
じわじわと自分たちに降りかかっているような
生々しい小説でもありました。
これも映画化したら面白そうです♪


火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社
売り上げランキング: 92,907
魔王 (講談社文庫)

「注文の多い料理店」読んだことある?

鉄砲を持った二人の紳士が、山奥のレストランに行く話しだろ
確か、太った人は歓迎って書いてあるんだよ
で、廊下を進んでいくうちに、鉄砲置けとか、帽子や外套取れとか、
金物類を外せとか、いちいち指示される


注文が多いからね

しまいには、クリームを身体に塗れとか言われて、
最後になってようやく、これは怪しいぞ、と察するんだ
その寓話はようするに、店の思うがままに、
愚かな紳士たちが誘導されていく話しだよ


まあ、そうだな
妙な命令に、おかしいな、と一瞬思っても、
自分たちで納得して、店の奥へと進んでいくんだ

俺は思い至る
いつの間にか、ファシズムに飲み込まれる民衆と同じじゃないか
国民は政治家の思うがままに誘導される、
説明もないのに、いいように解釈して、
とんでもないところに誘導される
仕方がないよ、こういう状況だし、なんて思っているうちに
とんでもないことになる
それを暗示してるんじゃないか



魔王 (講談社文庫)
魔王 (講談社文庫)
posted with amazlet at 15.04.05
伊坂 幸太郎
講談社
売り上げランキング: 42,741

20世紀少年 コミック 全24巻完結セット (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 4,306

AKIRA コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)
大友 克洋
講談社
売り上げランキング: 5,990

注文の多い料理店 (新潮文庫)
宮沢 賢治
新潮社
売り上げランキング: 27,164
銀二貫 みをつくしシリーズにつづいて
またしても、いじらしい少女を主人公にしたうるうる本
高田郁の「出世花」読んでおります
いいですね~
泣ける小説です
時代小説なのに
ほんと読みやすくって、するすると一気に
その世界に入り込んでいきます
おっさんが読んでも少女の気持ちになれちゃう(笑)
秋の夜長、おすすめです♪


出世花 (ハルキ文庫 た 19-6 時代小説文庫)
高田 郁
角川春樹事務所
売り上げランキング: 33,186

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)
伊坂幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 2,111


陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
祥伝社 (2013-03-22)
売り上げランキング: 155

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 21,062
アルケミスト―夢を旅した少年


ブラジルのベストセラー小説「アルケミスト」。物語は、スペインのアンダルシアに住む羊飼いの少年が、宝物があると信じているエジプトのピラミッドまで旅するというもの。

パウロコエーリョ
「アルケミスト」は、試練を乗り越えながら旅を続ける少年の物語です。
私はこの小説を自分自身の魂を理解する為に書きました。
私は物語の中で少年に前兆を示し、砂漠へ向かわせたのです。
(パウロコエーリョ)

宝物を探し旅にでたサンチャゴ少年。
キャラバンは果てない砂の海を一路エジプトを目指して進んでいた。
夢を諦めなかったサンチャゴ少年はこの隊列に加わっていた。

キャラバンは昼も夜も旅を続け長い年月をかけてやっとエジプトの
とあるオアシスに辿りつく。砂漠の中に忽然と浮かび上がるオアシス。
そこには5万本のナツメヤシや数え切れない程のテントが広がっていた。

灼熱の太陽のもとで不毛の砂漠を旅した少年にとってそのオアシスは
水であり日陰であり癒しの場所だった。

そこで少年にとって運命的な出会いが訪れる。
オアシスのある井戸で一人の少女と出会う。少女の名はファティマ。
彼女こそ一生で一人の女性だと感じサンチャゴは一瞬のうちに恋に落ちた。
あった翌日に言いました。
「僕の妻になって欲しいのです」「あなたを愛しています」。

サンチャゴはファティマとオアシスで暮らそうと考えるようになる。
そんなサンチャゴの前にオアシスのはずれにある砂漠から、
突然現れた黒ずくめの男。
「アルケミスト」すなわち錬金術師だった。

どんな金属でも金に変えるという大いなる秘密を知った人物で、
彼はサンチャゴにこう告げる。
「まだお前は本当の宝物を見つけたわけではない」。
「わしがお前を案内し砂漠を渡ろう」。

サンチャゴは迷った末、夢を追い続けることにした。ファティマに
必ず帰ると約束してオアシスを去った。サンチャゴの気持ちを理解した
ファティマは彼が戻ると信じて静かに見送ります。

サンチャゴはアルケミストと共に夢を求めてピラミッドへ向かって
砂漠へと旅立つのだった。サンチャゴ少年の魂を更なる高みに導くのが、
このアルケミストだった。

アルケミストは宇宙の語る言葉を理解する崇高な魂をもっていた。
サンチャゴはアルケミストの教えに導かれて自らの心の声に耳を傾ける。
その後、サンチャゴ少年とアルケミストは砂漠で戦争を繰り広げている
ある部族の軍隊に捕らえられスパイの容疑をかけられてしまう。

軍隊の野営地につれてこられたアルケミストは首領にこう言う。
「この少年こそ錬金術師で自然と世界を理解している男だ」と。
驚く少年をよそにアルケミストは更に続けた。
「彼がその気になれば自分を風に変え、その風の力でこの野営地を
吹き飛ばすこともできます」と。

その言葉を聞いて笑い出す軍隊の男たちにアルケミストは平然と言い放つ。
「もしそうできなかったら、私たちの命を差し上げます」。
3日の猶予を与えられた少年だが、どうすれば風を吹かせることが出来るのか、
見当もつかない。そして約束の日。

少年は必死になって砂漠の風に自分を風に変える方法を尋ねる。
しかし風はその答えを知らなかった。少年は照り続ける太陽に問いかけるが、
太陽も答えを知らなかった。少年は無心に祈った。
祈ることで少年は大いなる魂に到達した。
大いなる魂の一部であることを悟ったのだった。

その時風はかつてないほどの強さで吹き荒れる。
そしてついに軍隊の野営地を吹き飛ばしてしまうのである。
少年はアルケミストが予言したとおり奇跡を起こしたのだった。

部族から解放されたサンチャゴとアルケミストは砂漠の中の修道院にやってくる。
アルケミストは台所を借りると火をおこし鉄鍋に鉛を入れた。
サンチャゴに錬金術の秘密を見せるためだった。
やがて鍋を見て少年は目がくらんだ。鉛は金へと変わっていたのである。

アルケミストは少年にその金を渡し
「ここから先は一人でピラミッドへ向かえ」と告げるのだった。
サンチャゴ少年旅を続けた。そしてついにピラミッドへ到着する。
前兆が示した場所で砂を掘り始める少年。
しかし様々な困難を乗り越えてやってきたにも関わらず、
この場所でサンチャゴ少年は宝物を見つけることができなかったのである。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
パウロ コエーリョ
角川書店
売り上げランキング: 340


松山ケンイチが選んだ本1位

手嶋龍一が元気になれる本

サカナクション山口が「アルケミスト」をお勧めする理由

本仮屋ユイカがお勧めする本


私は少年に宝物を与えませんでした。
それはなぜか?

小説「アルケミスト」の結末に
私はこんな物語を用意しました。

        ↓   ↓
 
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20