泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

三谷幸喜、初脚本監督作品映画。
テレビ放映してたんで見ました。
いやー。
久々に見たけど面白かった~
俳優陣、脚本に無駄がない。
渡辺健もおいしい。

三谷映画は全部見てるけど。
これが1番スキだなあ。

ラヂオの時間 スタンダード・エディション
ラヂオの時間 スタンダード・エディション
ラヂオの時間
第33回アニー賞の長編アニメ映画部門受賞作に「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」が決まった。アカデミー賞の候補作になっている宮崎駿監督の「ハウルの動く城」は受賞を逃した。
 「ウォレスとグルミット」は粘土の人形を少しずつ動かし一こま一こま撮影したアニメ。アニー賞は「アニメ界のアカデミー賞」とも呼ばれる。

ハウルがアニー賞逃す

**********************************

というわけで「ハウルの動く城」はアカデミーの前哨戦の受賞を逃し、今回は無理っぽいですね。以下は一昨年見たときのハウルの感想です。
わたくしの宮崎駿論であります(笑)

**********************************

●「ハウルの動く城」みた

おおお!こ、これは、まぎれもなく宮崎駿の脳内探検。まさにこれは、彼の心象風景を表した映画なのでしょう。よくも悪くも彼そのもの、等身大の宮崎駿が描かれているのでしょう。

彼の思考、心の風景のなかを彷徨いながら、あるときは、心地よく、あるときはぐったりとなりながら鑑賞しました。

而して、宮崎駿の頭の中身とは・・・。
少女への思慕、美青年への憧れ、老いに対する抵抗、戦争への嫌悪、菜の花畑への郷愁、浮遊願望、戦後の思い出・・・etc


主人公の少女、ソフィーは宮崎駿に成り代わって旅をする。城の中にあるチャンネルを捻って、テレビでもみているかのごとく、場所を変え、時をも越えて、彼の頭の中を駆けずり回る。

そしてそのいきつく先は、「平和」。
あまりにもシンプルな結末。大人も子供も純粋なものに触れれば、争いなんて意味ないこと。

単純といえば単純な映画なのに、宮崎駿の中を通り過ぎて見てみると、物凄く長く感じ、疲れた。

ともかくも、枯れ枯れの宮崎駿、堪能させていただきました。面白く見させていただきました。

追記)ーーーーーーーーーー

この映画のなかで主人公の少女は一足飛びで老女になってしまいます。女性としての性の喜び・本質的な恋愛の期間が、スッポリと抜け落とされてしまう。

そしてこう思いました。

宮崎は、性を嫌悪しているのではないでしょうか。
いわゆるロリコンと云われて久しい彼ですが、実は彼、宮崎駿は性・セックスに対する恐怖、畏怖、トラウマをもち続け、ずっともがいているのではないでしょうか。

この映画は、彼の「性からの逃避」が如実に描かれている映画なのではないかと思うのです。


ハウルの動く城
ハウルの動く城
posted with amazlet on 06.02.05
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005/11/16)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 3.62
5 流れ星にあたった
4 宮崎メイドの恋愛映画
3 話の展開が・・・急すぎ


でもアカデミー賞取る可能性はある。基本反戦のメッセージだしね♪政治的なものがどう捕らえられるかが勝負。
●映画「歓びを歌にのせて」みた

北欧スウェーデン映画。
昨年度アカデミー外国語部門ノミネート。
指揮者として世界的名声を浴びた男が、心臓の病に倒れ
自らの育った田舎町に戻り、そこで出会った
素朴な人たちとの交流の中で合唱団を作り上げてゆく・・

極寒の雪景色の中物語は進み。
その寒さに相対するように、人々の温かさが描かれていく。

まさしくアカデミー賞ノミネートされるだけの名作。
歌声とは人が発する、究極の癒しの道具。
一人では見えないものが、皆それぞれの声があわさることによって
アンサンブルとなり、それ以上のものに代わっていく。
最後のみなが奏でるハーモニーは、涙なくしてみることが出来ない。

みなが繋がっている。
みなが歓んでいる。
みなが幸せになりたがっている。
一人ではないのだ。

そんなことを実感できる映画でありました。

映画生活感想


歓びを歌にのせて
歓びを歌にのせて
posted with amazlet on 06.06.13
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/06/21)

テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(27)が7日、歌手の川嶋あい(19)の生い立ちを描いた小説の朗読CD「大切な約束」の公開レコーディングを行った。川嶋も応援に駆けつけ、大橋は「みなさんも号泣してください」とPRした。

原作「大切な約束~How tears fall」(Hikari作、スターツ出版)は、川嶋をモデルにシンガーソングライターを目指して上京してからデビューまでの苦労や亡き母とのきずなが描かれている。

大橋は「読んでいるうちに涙が出そうになって、感情を押し殺しながら読むのが大変でした」と話し、川嶋は「大橋さんのあったかい声で朗読してもらって、すごく感激しました」と満足そう。

************************

おおお。大橋アナ。
いまどんな女優よりも輝いていますね。
ぶっちゃけイチオシであります。

************************

世界で最も切ないCD 大切な約束
世界で最も切ないCD 大切な約束




原作はこちら↓

大切な約束―How tears fall
大切な約束―How tears fall
■身を削って献身するアイドルおたく。ホームレスを切望するサラリーマン。老婆を騙そうとする小心ギャンブラー…。
落ちこぼれたちの純真を愛と笑いで包む珠玉の連作小説。「これほどの才能がお笑い界に隠れていたとは――!劇団ひとりの衝撃のデビュー作!

■劇団ひとり、がすごい!!!新聞の論評とかとにかく評判がよかったけど、どーせ芸人の書いた小説なんてと思ってましたが、出版社が幻冬舎名ので「なんで幻冬舎が出すの?」と思い試しに買ってみたのですが、いや、やりますね。もう1冊同じクオリティで小説が書ければ、直木賞も取れるかもしれない。


おおお。たしかに彼の芸は脚本がしっかりしていて、舞台を髣髴させるひとり芝居です。これは気になる!!

陰日向に咲く
陰日向に咲く
わたしのフェバリット作家のひとりである筒井康隆。
彼の本は殆ど読んでますし、一時期はまって筒井の主催する
舞台も、観にいったことがあります。

放送禁止用語、変態、奇想キテレツ、ありえない展開、
SF、ドタバタ、純文学。
奇才というか、天才を少しずらして存在しつづける異能の人。

筒井康隆がひさびさにトンデモ小説を書き下ろしたようです。

内容は、老人バトルロワイアルともいうべき
年老いた人々のゼロサムゲームの殺し合い。
筒井節が炸裂してますね。

これは書店でみつけ即購入しました。
じっくりと読ましていただきますよ。

銀齢の果て
銀齢の果て

筒井インタビュー
あなたは、「なたらでーん」を知ってるか?

今日も一日脱力しようダニダニ。
い~い感じ~ダニダニ♪

ナタラディーン
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20