泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 



比較.comの生命保険一括資料請求!【無料】

シャンテ 森光子が詠む美空ひばりの詩(通常版)

「フランス映画とかイタリア映画が好き。
たとえば、ロッセリーニの「無防備都市」とか、「自転車泥棒」とか。
私は、終りがハッピーエンドでないほうが好きなんです。
せつない話とか。」

無防備都市
無防備都市
posted with amazlet on 07.06.01
アイ・ヴィー・シー (2003/05/25)
売り上げランキング: 3875
おすすめ度の平均: 5.0
5 キュメンタリー・タッチの名作
5 かくも感情を動かされるのは何故か

自転車泥棒
自転車泥棒
posted with amazlet on 07.06.01
アイ・ヴィー・シー (2002/07/25)
売り上げランキング: 21530
おすすめ度の平均: 4.5
5 父を支える息子
5 世紀の傑作
4 試論


ロッセリーニ コレクションDVD-BOX
アイ・ヴィー・シー (2003/09/25)
売り上げランキング: 64677


大竹まことゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」より6/1/2007


続きは以下
ロングバケーション

キネマ旬報2007年6月号、俳優・香川照之の「日本魅録3より


★★(以下、抜粋はじめ)★★


あれはいつだったか。
木村拓哉の発する言葉が、脚本に書いてある台詞には全く思えず、
まるで今実際に彼が思っていることを、そのままリアルに話しているように感じ、
画面に釘付けになったのは。「あすなろ白書」だったか「若者のすべて」だったか・・・

この男は本当に台詞を覚えて喋ってるのか、それともアウトラインだけをなぞり、
後はアレンジしているのか、あるいは全てアドリブなのか。
私は同業者として気になって気になって、ドラマの中身に入り込めなかった、
といっても過言ではない。

俳優には二通りのタイプがいる。
台詞を徹底的に覚えるタイプ。そして、緩くしか覚えないタイプ。
前者にはたとえば、山崎努、佐藤浩一ら。後者には長瀬智也、西田敏行らがいよう。
木村拓哉はどちらに当てはまるのか。

そして今回「HERO」で共演の依頼がきて
初めて会う木村拓哉のドラマでいつも見ていた浅黒く精悍な顔を目の前にして、
ああキムタクだ、自然と心の中でつぶやいてしまう私はもはや完全な素人だ。

でもそれだけのオーラが男には宿っている。そのオーラに導かれるように
気がつくと私はいきなり舌下の牙を剝いていた。
彼にいきなり質問してしまったのだ。

「聞いていい?木村君は台詞は覚えているの?いないの?」
それは質問を越え、詰問、いや尋問に近かった。
もはや職務質問といってよかった。木村拓也はいぶかったろう。
会ったばかりの人間がもの凄い勢いで次々と自分のことを聞いてきたのだから。

しかし木村拓哉は、私の煩わしい質問に真摯に答えてくれた。

「セリフは、覚えます」
「それはシッカリと?それともわりとルーズに?」
「ケースバイケースです」
「現場の閃きとか重視する?」
「します。でも相手が誰なのか。事前にイメージして組み立てる」
「セリフの覚え方はどうするの?声に出していったりする?」
「声に出しては覚えません」

そう言うと木村拓哉は少し間をおいた。核心が来る予感がした。


続きは↓
古畑任三郎 すべて閣下の仕業 [DVD]

好きな俳優は、マーロンブランドです。
彼のいい映画いっぱいありますよ、
「波止場」とか。
ロバートデニーロとアルパチーノも素晴らしいね。
僕は、デニーロと同じ年なんです。
この年になるとどうやって消えていこうか考えるんです。
我々の年代もみんな同じなんじゃないかな。
(婦人公論2007/6)

波止場 [DVD]
波止場 [DVD]
posted with amazlet at 09.01.03
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006-12-20)
売り上げランキング: 30803
おすすめ度の平均: 4.5
5 社会派映画の真骨頂
4 沖仲士はみんなゴロツキになってしまった
5 On The Waterfront



(追加)6月16日のスマステーションにて、香取慎吾にぼくとどんな役で共演したいかととわれ、
田村正和は、セントオブウーマンをあげていました。この映画も好きみたいです。


セント・オブ・ウーマン 夢の香り [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006-06-23)
売り上げランキング: 5292
おすすめ度の平均: 4.5
5 韻を踏んでいる・ディテールにこだわり!
4 アル・パチーノのタンゴが絶品
3 もう少し長期の交流が必要なのでは…
5 男性の魅力にため息・・・
5 文句なく五つ星

★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20