泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

207 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 02:31:31 ID:fM43QCKD
まだ中学生とかの時代、馬鹿な事ばかりしていた。
年中、学校におかんが呼び出されていた。

同級生とも先輩とも喧嘩したり
物壊したりサボったりで正直最低な子供だった。

おかんには年中怒られ、それにたてつく毎日。
何だか、どこにも居場所が無い様な気がしていた。

ある時、一緒につるんでた奴が、
クラスの奴から結構な金額をかつあげしやがって、
それが学校にばれた。
自分も呼び出されて、事情聴取みたいな事を散々されたが
全然関わっていなかったし後から知ったので、その趣旨を話した。

もちろん全く信用されず。
更になんとそいつに裏切られて全部の責任を擦り付けられた。
それなりに仲も良かったし年中つるんでる連中だったから、
驚いて言葉を無くした。


208 :癒されたい名無しさん:2009/12/11(金) 02:49:00 ID:fM43QCKD
被害者の親と関係した加害者の親が学校に呼び出された。
初めは個人ずつ呼び出しだったが
何回目かに加害者とされる連中の親がいっぺんに呼び出しされた。

夜の8時位だった。
おかんが今から学校に行ってくると準備していた。

自分は関係無い、何もしていないと話はしたが
おかんが自分を信じてるとも思えなかった。
仲間にも切り捨てられ日頃の行いの悪さから、親にも見捨てられていると感じていた。

出掛けにおかんが真っ直ぐこっちを見て、
本当にやっていないのか?と聞いてきた。
自分は投げやりな感じでやってねーよと吐き捨てた。
わかったと呟いておかんは学校にいった。

12時過ぎに帰って来たと聞いたのは翌日だった。
ふて寝してたから分からなかったしおかんは何も言わなかった。

後日、先生に呼び出された。
なんと、かつあげした連中が罪を認めたから謝罪したいとの事だった。
あまりの展開についていけずにいたら、先生が呼び出された夜の話を聞かせてくれた。

家の子供は悪くない、そんなわけないの一点張りで
大騒ぎしまくる親の中でおかんは1人黙って話を聞いていたのだという。
やれあの子供は昔から悪かっただの何だの言われても黙っていた。

先生が、何かお話はありませんかとふるとおかんは真っ直ぐ先生を見て言ったらしい。

家の子供が悪くないとは言いません。
日頃も迷惑ばかりかけていますから、悪い所もたくさんあるのだと思います。
誰に何を言われても信じて貰えないのも当然かもしれない。
でも、それでもあの子がやっていないと言うのなら、私は信じてやりたい。
私は母親ですから。

涙を堪えてはっきりした言葉でそう言って、深々と頭を下げた。
君のお母さんの言葉があの場所にいた全員を変えたんだと思う、と先生は言っていた。

我慢出来なくて先生の前で号泣した。

情けなくて恥ずかしくて、泣きまくった。

あれから随分たつが、いまだにおかんには頭が上がらない。
元外交官・天木直人がお勧めする、日本に革命を起こす必読書とは?

国民の大多数が反対する消費税増税がなぜ強行されるのか。

福島原発事故の収束さえも出来ない中で原発再稼動がなぜ強行されるのか。

沖縄住民を危険にさらす米海兵隊の輸送機オスプレイが住民の反対を
押し切ってまでなぜ強行配備されるのか。

野田佳彦という凡庸な政治家がなぜ首相の座にとどまっていられるのか。

そんな凡庸な政治家がなぜここまで反国民的な政策を強行できるのか。

そんな野田首相を財界やメディアはなぜ支持し続けるのか。

そんな野田首相の間違った政治を真っ向から批判する政治家がなぜ
小沢一郎一人しかいないのか。

正しい事を主張する小沢一郎がなぜこれほどまでに人格攻撃される
のか。 不当起訴されるのか。

なぜメディアがこぞって小沢一郎を叩くのか。

まともな日本国民であれば、どう考えてもおかしいと思うはずだ。

その疑問に見事に答えてくれる本が7月30日に発売される。

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)」(孫崎享著 創元社)がそれだ。

物凄い本が出たものだ。

この本は日本に革命を起こす本だ。

なぜここまで日本が対米従属に堕してしまったのかを見事に教えて
くれている。

国民必読の書である。

米国のイラク戦争に反対をした正義の外交官である私がそう言っている
のだから間違いない。

孫崎氏が反逆者となるか英雄となるか。

それはこの本が100万部のベストセラーになるか発禁本になるかに
かかっている。

その鍵を握るのは読者である国民である。

小沢一郎にとっては最強の味方が現れたということだ。
                                           了


天木直人ブログより(2012・7.2)


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
孫崎 享
創元社
売り上げランキング: 1
684 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 投稿日:2007/07/29(日) 00:53:15
今年のGW明けの頃のこと。
前の日から上司の機嫌が悪くて、八つ当たりばかりされてた。

その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、
基地外呼ばわりされたり身体的欠陥を突っつかれたりして、
本当にこの世が嫌になった。

元々鬱持ちなんで、薬は山ほどあった。
最近の薬は安全だから薬をがぶ飲みしたところで死ぬとは思わなかったけど、
とにかくどうなってもいいやって気持ちで手当たり次第に薬を引っ張り出して、
容器からパキパキ出し始めた。

ひたすらパキパキやってると、
いつも薬のパッケージ(アルミのやつ)で遊ぶのが好きなうちのぬこ様が
音を聞きつけてやってきた。

いつもは寝る前に私が薬を飲んだ後、
薬のカラでネコサッカーやるんだけど、その時私が大量の薬を
ベッドの上に並べてるのを見て、タタターっと走ってきて

    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)

てな感じで私の手や顔を平手打ちし、
更に並べてあった薬もバラバラに散らばした上で
「みゃお~!!みやあお~~!!」
って鳴きはじめた。

私は一瞬ボーゼンとしてたけど、
ぬこ様の異様な鳴き声で家族が何事かと様子を見に来た。

こうして家族にしこたま怒られ、
行きつけの病院の先生にも、こってりしぼられ、
薬がぶ飲み作戦は失敗に終わった。

でも、私の精神状態を上司の上司が知ることとなり、
私に八つ当たりした上司は幹部会議で晒し上げされたらしい。

それ以来、私が寝る頃になるとぬこさまはどこからかやってきて、
正当な量だけの薬を飲んでいるか監視するかのように、
横にいてじーっと見てる。

こんな私と一緒にいてくれるぬこ様、本当にありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。



mujakineko.jpg
ロスチャイルド 200年の栄光と挫折

彼らは鬼でも悪魔でもない!
ロスチャイルド財閥は、いかにして世界を支配し、そして敗れていったのか……。18世紀末から現在まで、世界、そして日本の金融、経済の最深部を握り続けた名門ユダヤ財閥・ロスチャイルド家。主要人物26人を幹に、これまで理解が難しかったロスチャイルド財閥200年の全体像に迫る。世界覇権を手にした一族の栄枯盛衰からわかる、近・現代史の裏側! ロスチャイルドを知らずして世界は語れない。ロスチャイルド一族の人物と歴史が、豊富な写真でまるごとわかる! カラー家系図の折込付き。


ロスチャイルド 200年の栄光と挫折
副島 隆彦
日本文芸社
売り上げランキング: 359

億万長者はハリウッドを殺す〈上〉
広瀬 隆
講談社
売り上げランキング: 423198



CANDY CANDY(通常盤)


Q.人生最後に観たい映画を教えてください

A.
★「ビートルジュース
ビートルジュース20周年記念 特別版 [DVD]
「USJの影響で、メイクとか凄く気になって
小学校のときお父さんと一緒に観たんですけど、
西川のりおサンの吹き替えが新鮮で、人生で一番好きな映画になったんです!
未だに何回も見て友達にも薦めちゃいます」(きゃりー)

ビートルジュース20周年記念 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-11-19)
売り上げランキング: 79175


★「ジョーズ
JAWS コレクターズ・エディション(デジタルコピー付)(初回生産限定) [Blu-ray]
「これもUSJで知って、小3のとき初めて観て衝撃的すぎてトラウマに
なっちゃったんです。それ以来サメの強さを知り今ではサメが大好きです。
そしてサメグッズをコレクションしてます」(きゃりー)

ジョーズ 25周年記念 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2002-04-19)
売り上げランキング: 55505


★「デトロイトメタルシティ
デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
「邦画で珍しくはまった作品で、とにかくおもしろくて。これを観ながら
笑って死ぬのもいいかなって。」(きゃりー)



ウレぴあ2012summer


アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-08-04)
売り上げランキング: 8623

ぱみゅぱみゅレボリューション(初回限定盤)
きゃりーぱみゅぱみゅ
ワーナーミュージック・ジャパン (2012-05-23)
売り上げランキング: 255
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20