泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

マイ・インターン [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-08-10)
売り上げランキング: 57


2016.11,2
ほんまでっかテレビより

マイ・インターン [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-08-10)
売り上げランキング: 57

私は、「ヒラリーは、どうせ、(どの道)逮捕され、投獄されるのだ」と言い切る。なぜなら「犯罪の証拠が次々と明るみに出ている」から。もう隠し通すことは出来ない。行くところまでゆく。 私は、ヒラリーは逮捕される、の理由をずっと証拠の文献と記事をたくさん挙げながら書いて行く。

 検察官たちのトップにいる者が、自ら犯罪に荷担し、証拠の隠滅、犯罪の立証を妨害する行動を取った、ということで、この黒人女'(ロレッタ・リンチ米司法長官)は、今、激しい非難の嵐の中にいる。 司法省も、FBIも、それから、CIAでさえが、「ヒラリーメール問題=ベンガジ事件 」の再調査に入った。 一度、終了したと、宣言した調査(これは犯罪調査。インベツティゲイション invetigation だ)を再開したのだ。  
 
 米国務省の幹部たちが、怒り狂っている。自分たちに内緒で、秘密で、長官が、クリントン・ドット・コム Clinton com という自宅サーバー、およびドメインで、自分の手下の、配下の 国務省の下部組織である、CIAの特殊部隊、暗殺部隊、工作班をいいように使っていた。 それが、今もどんどんバレている。それがベンガジ事件だ。もう逃げられない。

国務長官である ヒラリーの命令で、カダフィが殺されたあと、200億ドル(2.4兆円)相当のリビアの国家資産は、強奪された。そして、それらは、秘密協定で、シリアと北イラクに作られた、IS「イスラム国」とアル・ヌスラ戦線の 創設、運営費となった。それが、7万人の IS(アイエス) の 傭兵部隊の 給料とかになった。

とうことは、ヒラリーの命令で、アメリカ合衆国がやったことは、国家犯罪(state crime ステイト・クライム)である、ということだ。 さらには、アメリカは、犯罪国家 (crime state クライム・ステイト)だということだ。

トランプは、はっきりと言った。 " Hillary is the founder of IS. "  「ヒラリー・イズ・ザ・ファウンダー・オブ・IS 」 と。 「ヒラリーは、IS(アイエス)の生みの親であり、創設者だ。 ヒラリーが、あの凶暴なISを作ったのだ」 と。 だから、ヒラリーを、刑務所に入れなければいけないのだ。 http://www.snsi.jp/tops/kouhou/1916 2016年9月5日


新大統領のトランプは、2017年から、どうするか、だ。 いつまでもダラダラと、自分の政権(執行部)が、始まったのに、2年も3年も、ヒラリー裁判で、騒がれている訳にはゆかない。と、判断するだろう。 おそらく、だから、「半年で、裁判も決着を付けて、さっさとヒラリーを過去の人にしろ。騒ぎは、もう終わり、終わり、終了だ」と トランプは、考えている。 このことを、ヘンリー・キッシンジャーと真剣に交渉している。

どうやって、“幕引き”をするか、だ。

 それを議会での証言の偽証罪 (2015年10月の下院のベンガジ特別委員会の公聴会での偽証)と、クリントン財団の違法な利益供与での犯罪、だけで済まそうとしている。

 だから、ヒラリーの真の罪状である、 重大な国家機密に指定( classified state secrets ) された、リビアの独裁者カダフィ (リビア国民にとっては、優れた良い指導者だった。ただで住居もくれた、安定した国だった)を殺した後の、

リビア国家の資産をを、200億ドル(2.4兆円)ぐらいを強奪して、米海軍の艦船と米空軍の輸送機で、深夜に密かに、どんどん運び出して、イスラエルのハイファ港に入れて、そこから、ゴラン高原(シリアからイスラエルが占領支配している地域)を通って、密かに、シリアのど真ん中の都市ラッカ Ar-Raqqah と、それから、北イラクの中心都市である モスル Mosul (ここが本当はクルド人の首都)にまで運んだ。

 そして、IS「イスラム国」の過激な7万人の傭兵部隊の人殺し、テロリスト勢力を 作った。 この 犯罪の責(せ)めを、ヒラリー・クリントンは、 国務長官として、即ち、アメリカ合衆国の対外的な政策の責任者として、行った。

 これは、アメリカの国家としての犯罪 、すなわち 国家犯罪(state crime ステイト・クライム)である。 この巨大な犯罪を、ヒラリーが、米国務省の高官たちに内緒で、だから、

国務省の厳重に管理された暗号化された、メールを使わないで、私用メールで、CIAの特殊部隊(スペシャル・フォーシズ special forces )の 非合法部隊を勝手に使って動かして、ISを創作、創業、設立して、その資金と兵器、武器弾薬( それから、テキサス州のサンアントニオで作られている トヨタのピックアップ・トラックを2千台も、持ち込んで、あのISが、示威行進をしていた。

あれらの、あまりにもあからさまな、アメリカという国がやっている 国家犯罪が、ヒラリーeメールの公開と共に、満天下に晒(さら)されるのは、アメリカ政府=トランプ大統領=現執行部 としても、堪えられないことだ。

 だから、ニューヨーク・マフィアの現職の総帥(そうすい)でもあるトランプは、アメリカの恥が、この問題で、これ以上、世界にバレてしまうことには、当然、反対する。それで、何度でも、キッシンジャー(およびその背後にいるデイヴィッド・ロックフェラー101歳)との交渉になる。ここで世界の動きは決まってくる。

 今や、トランプは、キッシンジャー(93歳)と同格なのだから。「なあ、ドナルド(・トランプ)よ、アメリカは、今のまま世界を動かすということは、もう無理だと、君も僕も分かっているとおりだ。 それでも、急激な国力衰退を露呈させたらいけないのだ。何とか、少しずつ徐々に、アメリカのデクラインをバレないように、上手に国家運営しなければいけないんだ。ドナルド、分かるだろ。君が大統領になったら、君の肩にすべてが掛かってくるんだから 」 と、キッシンジャーが教え諭(さと)す感じだろう。

 トランプは、ただの経営者から国家経営者としての自覚を持って、これまでの厳しさの数十倍は重たい荷物を、ずっしりと肩に背負わなければ済まない。

だから、ヒラリーの件は、「ISを作って(2012年から作り始めた。カダフィを殺害したあと。2014年6月10日に、ISは、北イラクのモスルに突如、出現した )、そのそうやってアラブ、イスラム世界をヒドい動乱状況に追い込んだ」責任を負っているのだが、これは、これで、これ以上騒ぎにならないように、アメリカ国内で押さえ込まなければいけない」 という判断になる。 

 だから、ヒラリーたちの重大犯罪である、リビアの国家資産(それは、決して、カダフィの個人資産、私腹ではない)を奪って、ISの凶暴な殺し屋集団を、育てて、出現させた 犯罪は、これ以上、問題にならないように、急いで、始末しなければいけない。

 そのためには、形だけの パージュリー( 議会での偽証罪)とクリントン財団での悪事を裁くだけのことにして、臭(くさ)いものには蓋(ふた)をして、トカゲの尻尾切りではなくて、トカゲの頭(ヒラリーとビル・クリントン)を、始末してしまおう。ということになる。そのように事態は進むだろう。そのように、副島隆彦は、予測、予言する。


 トランプの、この「オバマとヒラリーは、IS「イスラム国」の共同設立者だ」という宣告は、もう、これ以上のコトバはない、というぐらいにずば抜けて、世界史の時代の最先端を行くコトバだ。 ここまで、トランプが、言い切ったものだから、ワシントンの官僚どもは、腰が抜けそうになって、驚いて、そして、狼狽(うろた)えている。

 事情を知らない人たちは、「トランプが、また、暴言を吐いているなあ」という程度の受け止め方だ。世界中の、自分はちょっとは政治の世界を知っているよ、と自惚(うぬぼ)れている程度の、三流知識人たちは、「トランプというのは、ほんとうに、どうしようもないことをいう奴だな」という反応をしてそれで終わりにする。 

 このトランプ発言が、アメリカのすべての既得権益層に対する、正面からの大鉈(おおなた)であり、利権の奪い取りだ、ということを、傍観者たちには、分からない。

 ワシントンと、それから、ニューヨークのメディア界で、世界をいいように管理して、洗脳して、あやつっている連中にしてみれば、「トランプは、恐ろしい。ここまで本当のことを、言うのか。これだと、私たちの首まで危なくなるぞ」と、冷や汗を流している。

 トランプが、なぜ、ここまで、危険なことを言い放つのか。その理由は、私が、何とか9月末頃には、急いで書いて出版する本の中の、大きな結論として、書く。だから、今は書かない。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/view/4663/ 投稿日:2016-08-22


ヒラリーが、直接、自分が命令を下して、リビアの首都トリポリまで乗り込んで、2011年10月に、リビアのカダフィを殺した。そしてリビアの国家資金(200億ドル。2.4兆円ぐらい)を奪い取り、それで、アルヌスラ戦線やISIS(アイシス。IS「イスラム国」)というならず者の凶悪な人殺し傭兵(ようへい。マーシナリー mercenary )集団7万人を育てた。

 そして北イラク、とシリアに、突如、出現させた(2013年6月10日)。それで、リビアとシリアとイラクから、それぞれ400万人ずつの戦争難民(レフュジー refugees )が出た。そして、それぞれの国で70万人ぐらいが死んだ。

だから、ヒラリーは逮捕され、投獄されなければ済まないのだ。この女は、大量人殺しの 戦争犯罪人=戦犯(せんぱん。war criminal ウォー・クリミナル)だ。

 凶悪な戦争犯罪( せんそうはんざい。war crime)を仕組んで、着々と準備して実行した。 中東全域を、動乱状態に陥れた。アメリカ帝国は、5年に一度はどこかで戦争を起こさないと、生き延びることが出来ない。軍産複合体(ぐんさいふくごうたい。ミリタリー・インダストリー・コンプレックス)、軍需産業の売り上げ、大量の兵器の消費(売りさばき先)が、どうしても必要なのだ。

 そのために、アラブ・中東世界の民衆が、この5年間だけでも、どれほど、ひどい目に遭ったことか。 彼ら中東地域の民衆の苦しみと、あたり一面に死体が散乱する、血だらけの苦難を思うと、私、副島隆彦は、本当に号泣したくなる。

 その狂気の 頭目(グランド・リーダー)である、ヒラリー・クリントン という凶悪な女のことを、「ディベイトで、ヒラリーは、しっかりと発言した」とか、「冷静にトランプを追い詰めていた」などと、したり顔で言い続ける、お前たち、「お茶の間の評論家、政治談義好き」という 人種は、一体、何者なのだ。 

 私は、極東(ファー・イースト。東北アジア。中・日・朝・韓・台の五カ国)の一部である日本にも、やがて戦乱と動乱 の日が近づいているのだ、と、ずっと書いてきた。

 私たち日本国民にも、もうすぐ迫っている金融崩壊、経済破綻、社会混乱 のあとに押し寄せるであろう、戦争の時代を、少なくとも、ドナルド・トランプという 苦しい企業経営という難業を、自分の能力と運を頼りに、長年やってきた人間が、少なくとも、この3、4年間は、迫り来る戦争の時代を、先延ばしにしてくれることが、嬉しい。

 11月8日に、大統領選挙で勝利した途端(とたん)に、その日から、上記の ①、②、③ の薄汚い者どもが、一斉にトランプ攻撃を 始めるだろう。トランプの資産や、過去の経営の傷をほじくる。メディアは、トランプになったら、自分たちが思うように、民衆(国民)洗脳と扇動を、これまでとおり出来なくなる、と知って、苛(いら)立って、トランプ攻撃に執念を燃やす。

トランプ大統領は、彼ら謀略人間=アメリカ・メディアによって、ボロボロにされるだろう。

 私たち日本の、愛国者の国民指導者だった田中角栄(たなかかくえい)を、1970年代に、一体、どういう連中が、勢力が、追い詰めたのであったか。私、副島隆彦は、すべてを暴き立て書き続ける。今は、あのときと全く同じだ。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/view/4707/ 投稿日:2016-09-29



ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock  Her Up !  ロック ハー アップ
副島 隆彦
光文社
売り上げランキング: 1,594

トランプ大統領とアメリカの真実
副島 隆彦
日本文芸社
売り上げランキング: 17,491
これ、明石家さんまが最近泣いた映画だそう。
さっそく借りてみてみました。

当たり!でした。
泣けるというか、ずっと見ていたい
この映画終わらないで続いてほしいと
思いながらみていました
それほど心地よい

デニーロの老いっぷりもいいし
アンハサウェイの上司役の演技も
それぞれいままでの過去の映画を見ているので
感慨深いし、キャラにあっています

とんでもない大事件や誰かが死ぬとかでなく
何が起こるわけでないのに
物語がすいすい進んで、
なんだかわからない涙がでて
そして爽快感が残る

これはいい映画だ
そしてこれもまたいまを象徴するようなネット企業の物語で、
現在のアメリカの空気感が読めて面白い。
めんどくさい映画が多い中、
こういう暗い気持ちにならない映画をもっとみたいと
思う今日この頃です♪


マイ・インターン [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-08-10)
売り上げランキング: 30


SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)
SMAP
ビクターエンタテインメント (2016-12-21)
売り上げランキング: 1




楽しそう♪

BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL(通常盤)
posted with amazlet at 16.02.15
BABYMETAL
トイズファクトリー (2014-02-26)
売り上げランキング: 535


★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20