泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

TEARS(洋楽編)


■"揺れの法則"とは

元来男性は、揺れるモノに弱い という本能をもっています。
それは、"男の体は直線的で硬く"、女性は"曲線的で柔らかい"
という特性・性質があるからです。
自分にないものに惹かれるのです。
だから男は、長い髪やポニーテールに弱いのです。

たとえば、待ち合わせのとき、女性が小走りに駆け寄る ことによって
髪の毛などが「揺れ」て、男性に視覚的に訴えることが出来ます。

女性は、自分の身についているさまざまなモノを揺らすことによって
男心をつかむことが出来るのです。

ポイント1・小走りに駆け寄ることで髪の毛や胸を揺らし
ポイント2・タイトなスカートでなくフワっとしたスカートなどを揺らし
ポイント3・イヤリングやピアスは長いものをつけ揺らす

そうすることで、男性の本能をくすぐり、興味を惹くことができます。


■デートで女性がするテクニック

★1回目のデート「好きな女性の服装を聞く」

これは女性にとって勇気がいるかもしれませんが、
一回目のデートでそのことを聞いておいて、二回目のデートで
その好みをチラっといれることによって、男性の支配欲を満たすことが
出来るのです。

★2回目のデート「平日12:00~」を設定

ランチタイムデートをお願いしてみる。
短時間でデートを終わらせることが重要です。
男は元来狩人であるため、モノにした瞬間に覚めてしまうのです。

こちらが好きでも、すぐにメロメロだということを表明してはダメです。
簡単にカラダを許し、ガンガン押しかけていくような女は
大抵の男はひいてしまいます。
「他の男にもそうだったんだな、軽い女だし、
めんどくさいぞ・・」と思うのです

そこで二回目のデートは、
「男性は勝手に盛り上がる」という習性を利用します。
短時間で会うことで、男の飢餓感を誘うのです。
一回目で聞いた好みの服装チラっと見せて、男心をくすぐるのです。

重要なのはチラリズムです。
男の好みの服装などをちょっと披露して、
男をドキっとさせることが大切です。

★三回目のデート「男に告白させる」

別れ際がポイント。
男は別れ際にキメたがる習性をもっています。
ここで「好きだ」と言わせなければなりません。
もしくはキスさせましょう。

帰りに送ってもらうとき、遠回りしたり、道を間違えたりさせて
男がキメの台詞や告白するための準備をさせるのです。

こちらからアピールするには、
「明日、休みだからどうしようかな・・・」とか
「××さんといる時が一番楽しい・・・」とか
言っておく。
そして最後別れ際には
「今度いつ会える?」「また会えるのかな」と
言うのです。

これで男は間違いなくあなたに「好きだ~」と叫ぶはずです。


以上

要潤が語る恋愛テクニック。

8・29・2008 恋するハニカミより



恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)
黒川 伊保子
新潮社
売り上げランキング: 1713
おすすめ度の平均: 4.0
4 手に取って、損はなし!
4 パートナーにも読ませたい1冊
4 「セックス・アンド・ザ・シティ」を彷彿とさせるエッセイ部分が魅力
5 スリリングな文体に乾杯!
4 結構、納得かも。


女が歓ぶ「口説き」の法則―女が「ノー」と言えなくなる心理 (王様文庫)
志賀 貢
三笠書房
売り上げランキング: 2219
おすすめ度の平均: 4.0
4 いいですね
5 まーこの手本を、、、
5 無言のサイン
2 う~ん...
5 即、買うべし!


本カノになる!「意識させて、誘わせて、告白させる」恋愛の裏ワザ
斉田 直世
幻冬舎
売り上げランキング: 220286
おすすめ度の平均: 3.0
4 絵も可愛いし、分かりやすい。
1 タイトルが悲しい・・
4 かなり実践的!!
3 若さを評価
4 若い子の考えてること
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/1899-f802bd13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20