泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

あなたの悔しい気持ちはよくわかります。
でも他の女に目がいった男のために自分を卑下したりしないで。
あなたはあなたのままでいいんです。

よく聞くでしょう。
自分をふった男への復讐は、ただ一つ、幸福になることだって。
なんて単純な答えでしょう。
そんなことわかってるわ。

そう。
幸せになりましょう。
それに優る方法などほかにないのです。

その第一段階は、早く彼を忘れることです。
なんて言うだけなら簡単なのだけど、
なかなかそうはいきません。
理屈ではわかってる。

泣くのもいい、騒ぐのもいい、誰かに愚痴るのもいい。
さまざまな手段を使えばいい。
けれど、どこかで、「これで、おしまい」と
自分の心に区切りをつけることが大切です。
それが一番難しいの。

時々いるでしょう。
いつまでも忘れられずに飽きもせず繰り返している人が。
しかしよく自分の気持ちを見つめてみてください。
あなたは勘違いしてませんか。

それはもう愛ではなく意地ではないですか。
執着ではないですか。
憎しみではないですか。

別れた彼のことをいつまでも思いつづける。
その一見美しいとも言える感情の裏側には、
実はまったく正反対のものが潜んでいる。
ただ、その区別が出来なくなっているだけ。

不思議です。
恋って、始まりは好きって気持ちだけなのに、
終わるときは、それがなくなっただけじゃ
終われないなんて。
でも、もうそれは恋じゃない。

背中を向けた彼を見つめるのはやめましょう。
もっときつい言葉で言ってしまえば、
そんなことは無駄なことです。
馬鹿げています。
あなたは無駄なことを繰り返している。

残酷な言い方だけれども、
自分から離れていった男を思いつづけている女は見苦しい。
時にはすごい無理をして、カラ元気を通してでも、
男と訣別する勇気も必要です。

未練とは、結局、恋の燃え残しです。
それがくすぶり続けて、彼を諦めきれずにいるのです。
そんなものを残さないほど、燃え尽きてしまいましょう。

野焼きってありますよね。
草を燃やしてしまうことによって新しい芽が生まれてくる。

恋だって同じです。
彼との別れは、あなたを生まれ変わらせてくれたのです。
あなたはもう新しいあなたなのです。
新しい恋が似合うあなたになったのです。


唯川恵さんのエッセイより
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/2035-c0375b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20