泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

Broken Flowers: Music from the Film

2005年カンヌグランプリ受賞。
ストレンジャーザンパラダイス」のジムジャームッシュ監督作。

恋人にあいそをつかされ去られてしまった中年独身男のもとに、一通のピンクの手紙が届く。そこには「あなたと別れて20年。息子は19歳。あなたの子です」と書かれていた。差出人の名はナシ。隣人おせっかいもあって、当時付き合っていた恋人たちを訪ねていく・・。


簡単に言うと、大成功を収めた男が、人生を抜け殻のように過ごし無為に過ごしている。そこに起こるかつての恋人たちを訪れるというハプニング。それは自分探しの旅でもあった。というような話である。(そんな一筋縄ではないんだけど)

深いといえば深いし、「だから何?」といえばそういう感じになる。多くの教訓と人生のヒントを見出す人もいるだろう。こんな映画まったく退屈だという人もいるだろう。

表層的に見れば、男は過去に縛られ、女は未来に生きる。女性は強い。といえるかもしれない。お金があったって、幸せにならないよ、と思う人もいるかもしれない。ただただ主人公がせつない、という人もいるでしょう。

この映画の結末に、なにも答えはない。同様に人生とはそういうものだ。いかに生きるか。今を生きることが大切。そんなことを映画の中で自ら主人公はいうものの、わかっていながらやはり途方にくれるのである。

さまざまに主人公の想いを考えたりしていくと、その怠惰で情熱がうせている人生が、自分に降りかかってくる。実は途方にくれているのは見ている自分なのである。なるほど、面白い映画である。

音楽もなかなかしゃれていて悪くない。カンヌを制するほど凄い映画かどうかはわからないが、なんだか無視できない映画であることは確か。そしてビルマ-レーのまきこまれっぷりを楽しめるかどうか。これは見て判断して欲しいと思う。

2chの感想(うふふ)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
いやね、大変だよね、生きていくということは・・・
2006/05/16(火) 01:38 | URL | チュチュ姫 #-[ 編集]
むむむ・・人はみな孤独な生き物・・・
2006/05/17(水) 23:10 | URL | yoshi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/224-7709071a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Broken Flowers冒頭、現在の彼女であるシェリー(ジュリー・デルピー)が出て行ってしまうのですが、彼女は「私はあなたの愛人みたい。唯一違うのは、あなたは結婚していないことよ」と
2006/05/16(火) 01:38:52 | 姫のお楽しみ袋 
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20