泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

まずは聴いて欲しい



名曲、かぐや姫の「神田川

貴方はもう忘れたかしら 赤い手ぬぐい マフラーにして
二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって言ったのに
いつも私が待たされた 

洗い髪が芯まで冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った
貴方は私のからだを抱いて 冷たいねって言ったのよ
若かったあの頃何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった



せつない気持ちになって 涙が出そうになります;;


さて。
聴いてるとひとつの疑問が生まれます。

なんで「あなたのやさしさが怖かった」のか。

1.今の優しさが永遠に続いてくれるか、急に不安になってしまった
2.優しさに慣れていないため それが幸せを通り越して漠然とした恐怖になった
3.自分が相手にも優しく出来ないので、振られてしまう恐怖が湧いてきた
4.その優しさは、彼が浮気をして後ろめたいから優しくされている気がした
5.彼がなんらかの事情でいなくなってしまったとき、優しさがどこに向かうかの恐怖
6.相手の優しさは、自分には答えられないくらい強すぎた

などが考えられる

それぞれがどう受けとめてもいい素晴らしい歌詞です。
わたくしは、女性の悲哀や切なさ、不安、心情を切なく表した
情緒溢れる歌だとおもいますが
作った作詞者はどういう考えでこの詩を書いたのか。

検索してみたところ驚愕の事実が・・・



二宮清純さんと、作詞家の喜多條忠氏の対談に答えがありました。

<神田川の作詞の経緯(抜粋・要約)>

25歳で放送作家の仕事を始めていた喜多條氏が、放送局で会った南こうせつに
「なんか曲を作って欲しい、締め切りは今日。」と依頼してしまったため、自分も
急いで歌詞を書かないといけなくなった。

徹夜明けで疲れていた喜多條氏が家に帰ると「川をきれいにしましょう かんだがわ」
という看板が目に入り、かつて同棲していた彼女がそのときアパートに流れる神田川
のことをつぶやいていたのを思い出した。

そこで「神田川」をタイトル、テーマはそのときの同棲の思い出にすることに決め、
歌の詩を一気に書き上げた。

まず、喜多條氏は、当初“何もこわくなかった”のフレーズで終わりにしようと思い、
じゃあ逆に「怖かったものは何だったのか」と考えた。

当時は学生運動のデモで機動隊の盾に突っ込んで行ってガンガンやられたり、
激しい権力との闘争があたりまえの時代。そうしたデモに参加してヘトヘトで
家に帰ると、彼女は関係なくたまねぎを刻んでカレーライスを作っている。

そんな彼女の後ろ姿を見ていると、デモに参加するより毎日彼女に料理を作って
もらって、教員免許でも取って平凡な生活を送るほうが向いているような気がした。

だから...
その気持ちが、自分の中で怖くなった。
その彼女の「やさしさ」が怖かった。

『当時の感覚からすれば、これはヤバイことですよ。
彼女の日常性というかやさしさが当時の自分とは1番相対するものだった。
それで“ただあなたのやさしさが怖かった”と書きました。』(喜多條氏)

そして30分でその詩を書き上げた。
南こうせつに電話でその詩をきかせたら、その後5分もたたないうちに連絡がきて
曲が出来上がっていた。
こうせつ氏によると、もうその詩にメロディが着いているようだったという。

この詩の主人公は、女性なのか、男性なのかとよく聞かれるという。
喜多條氏によると、主人公は、女性も男性も一緒になっていて、
書いた本人も「よくわからない」のだそうです。

『二宮:  この歌の主人公は女性と考えていいんでしょうか?
喜多條:いや、女性も男性も一緒になっていますね。よく、どっちの歌かと聴かれるんですけど、書いた本人もよくわかりません(笑)。』


さらに衝撃的な発言がコレ ↓

『僕が待たされたこともよくあるんですよ。
彼女が髪を洗っていて時間がかかったときとか。
“洗い髪が芯まで冷えて”という部分も女性のようですが、
当時の僕は長髪だったので実体験でもあるわけです。』(喜多條氏)




 えー!!

横丁の風呂屋の外で、石鹸カタカタ鳴らして、

洗い髪が芯まで冷えてたのは、男のほうだったのかーー!!



かぐや姫ベスト
かぐや姫ベスト
posted with amazlet at 09.04.21
かぐや姫 南こうせつとかぐや姫
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M) (2008-01-16)
売り上げランキング: 9747

1. 神田川 2. 妹 3. 赤ちょうちん 4. なごり雪 5. 22才の別れ 6. 僕の胸でおやすみ
7. マキシーのために 8. 黄色い船 9. 雪が降る日に 10. あの人の手紙 11. おもかげ色の空
12. こもれ陽 13. 好きだった人 14. ひとりきり


ミスチル「しるし」の歌詞を考察

(2009.4.21記) 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
「神田川」の歌詞について、ずっと謎だったことが解けました!
普通、女性の方が長風呂が多いのに、しかも髪を洗って長湯しているだろうに、それよりも長く風呂に入っているのはどんな男なんだろう?と思っていたのです。 
女性ならば納得です。
面白い記事をありがとうございました。
2011/09/12(月) 20:12 | URL | かづき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/2478-6d6b3701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20