泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

グラン・トリノ [DVD]


映画を見終わった後
立ち上がれず放心状態。
本当は立ち上がって拍手したかったのに。

すごいよ、イーストウッド。
カッコいい。カッコよすぎるよ、クリント。
78歳にしてこの名作をとるか。

そして、泣きました。
泣かされました。
泣き崩れました。
男泣きです。
心の底からの熱い涙がドバッと。
やられました。

これこそ漢(オトコ)の映画です。
ダーティハリーからはじまってイーストウッド映画に
ついてまわる復讐劇。今回はどのように対処するのか。

映画をみながら、
どうする?ウォルト(役名)?
どうするんだ?イーストウッド?
どうやってケリをつける?
問いかけながら見ていた。

かつて朝鮮戦争で闘ったこともある老人。
(イーストウッドも朝鮮戦争にいっている)
妻を亡くし一人ぐらしになり、息子たちも
寄り付かない偏屈ジジイ。
隣に糞いまいましい東洋人が引っ越してくるが、
ひょんなことから隣人と文化の壁を越え徐々に親しくなっていく。
しかし彼らに付きまとう同じ民族のゴロツキが
嫌がらせをしてくる。
老人は隣人を守ろうとそのギャングと対立して
とんでもない展開になっていく・・・

古きよき時代のアメリカの象徴であるクラシックカー・グラントリノ。
その車を愛する人種差別バリバリの偏屈親父。
もう80才近い老人が主人公だ。
実は戦争でトラウマを抱えた老人なのだが、
その周りに付きまとう若年の牧師、純朴な東洋人の隣人がやさしい。
その東洋人に心を開いていく過程の面白さは声を出して笑える。
そして彼らに対して、なにを残そうとするのか。
どんな魂を継承しようととするのか。

徐々に感情移入していって
最後はまさにジーザスな結末!
感動しないはずがない。
泣かないはずはない。

センチメンタルアドベンチャー以来かな?エンディングの
クリントイーストウッド自身が歌うボーカルも渋い!泣かせる!
痺れまくりです。

タオという名には道教の意味もあるのかな。
ポーランド系のユダヤ移民の暗い過去背景が隠されているのかな。
現実にアメリカのド田舎までメキシコやアジアに侵食されていくアメリカ。
その歴史や文化を深く考えることも出来る。

一見ステレオタイプの物語はイースウッドが演じたからこそ傑作になった。
この映画は彼しか出来ない。
クリント自身の歴史があるからさらに素晴らしい映画になった。

まさに俳優・イーストウッドの引退作にふさわしい。
最後にしてまたしても完全なる感動作をつくってしまった。
彼の作品はどんどん神が宿ってきちゃってどうなっちゃってんの?

劇場は涙の嵐のようになっていました。
泣ける映画です。
そしてこれぞ「男」っていう映画です。

今年、一番の泣ける映画です。男ならこの映画を見てくれ。

昨年だったら、
グラントリノは確実に年間マイベストに入ってきます。
クリントイーストウッドの、魂のこもった遺言のような映画、
是非とも映画館で見てほしい!

PS.高倉健で日本テイストにしてリメイクしてくほしい
井筒か北野武か三池監督、お願いします。

2009.5.2 wrote

イーストウッド ・アフター・アワーズ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-09-10)
売り上げランキング: 17203
おすすめ度の平均: 5.0
5 ハリウッドで最もJazzを愛する男による至福のライヴ


センチメンタル・アドベンチャー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-04-22)
売り上げランキング: 1638


続 夕陽のガンマン アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-02-02)
売り上げランキング: 9299
おすすめ度の平均: 5.0
5 最高傑作
5 長尺だけど内容はシンプル
5 メタリカだ!
5 THE・西部劇!!
5 「貧乏からぬけ出すには、牧師になるか、ドロボウになるかだ」



グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]

おすすめ度の平均: 5.0
5 クリントじいさん
5 若者い人に観て欲しい作品です
5 魂を揺さぶるイーストウッド“最後”の人間ドラマ
5 やさしい気持ちになれます。
5 またしても『ミリオンダラーベイビー』に続く…


グラン・トリノ [DVD]
クリント・イーストウッド/クリント・イーストウッド (ワーナー・ホーム・ビデオ)
発売日: 2010-04-21
価格: 991円 (定価:1500円)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/2498-0a14d553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20