泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

生きることば あなたへ


人が生きるということは愛するということです。

しかし困ったことに、愛にはいろいろ種類があります。
ある人を好きになったりしますよね、かっこいいとか結婚したいとか。

それをふつうは恋愛といいますが、仏教用語では"渇愛"といいます。
それは狭い意味では男女のあいだのセックスを伴う愛をいうのですけど、
この愛はきりもなく相手に求める愛です。
のどが渇いた人がお水をちょうだいというように
「もっと愛して、もっと愛して」とねだる愛です。

この渇愛は、愛した瞬間から苦しくなるんですね。
しかもこの世でいちばん苦しい。

それは とどのつまり実はその人を愛してるのではなく
自己愛だからなのです。
自分がその人を好きになったのが嬉しいから、
自分が気持ちがいいから愛するのです。

自己愛は、結局相手に報酬を期待します。
見返りを求めます。
恋愛をして、自分が好きになったから
相手にも自分を好きになって欲しい。
自分が心の愛を与えたら返して欲しい。
いや利息をつけて返して欲しい。

期待通りにいけば、人生でいちばん楽しいと思いますけど
なかなかそうはいかないんです。
好きじゃない人にいいよられたり、好きな人はこっちを向いてくれない。
ほとんど自分の思い通りにいかないんです。

皆さんも覚えがあるでしょ?
愛する人は追いかけて追いけるほど逃げていくんです。
追いかければ追いかけるほど、逃げていきます。

とにかく、愛すると同時に苦しみが起こる。
渇愛というものは、自分のものにしよういう独占欲なのです。
独占欲がおこると苦しくなるんですね。

それは嫉妬が伴うからなんです。
そんな苦しいことしなければいいじゃないと思うかもしれないけれども
しかしだれも愛さない、だれにも愛されないという人は
やっぱり生きている甲斐がないような気がします。


人を愛すること。
それは私は生きていることだと思います。

人を愛してください。
愛されるより、愛する人になりましょう。
寂しい人が身近にいたら、精一杯愛をそそいでください。
それが私は生きていることだと思います。

瀬戸内寂聴(寂聴あおぞら説法1より)


つまりは、
惜しみなく人を愛せ!
恥ずかしがらず、
躊躇なく
おもいきって
想いのまま愛をそそげ!
と言っているのです♪
 

寂聴 あおぞら説法―みちのく天台寺の日曜法話を完全収録
瀬戸内 寂聴
光文社
売り上げランキング: 185563
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/2513-4e2abf87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20