泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

799 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/15(水) 14:33:32 ID:cpIIsajJ

高校の時、クラスでいじめにあってた俺だが、
一人だけ普通に接してくれるヤツがいた。
殊更親切にするでもなく、憐れむでもなく、ごく普通に。
しかし、俺と接点があるというだけで、
彼もまたいじめの対象になりつつあった。

ある時、
これ以上迷惑はかけられないから、
もうほっといてくれと言ってみたが
「人と普通に話すだけで迷惑なんて話があるか。
周りの事を言ってるんだろうが、
俺は俺が正しいと信じたもののみに従う」
と言ってきかない。

思わぬ嬉しい言葉だったが、
それだけに余計巻き込みたくなかった。

俺が我慢すれば済むから、仕方ないんだと言うと、
「何が仕方ないだ。そんな事あるか。
誰の言葉か忘れたが、命を大事にしすぎて人生を
粗末にする事ってあるんだよ。今のお前みたいに。
無事なら何でもいい訳じゃない。 時には、例え死んでも
立ち向かわないといけない事があるんじゃないか」

この言葉を聞いて衝撃を受けた。
恥ずかしながら、この時はじめて「何とかしないと」と思った。

「今、お前を取り巻く状況の直接の原因は
お前にはない。だからお前は悪くない。
しかし、お前が立たねばまた意味もない。
立ち向かうなら、及ばずとも力を貸す」

この辺で俺は泣いていた。
どうしてそこまでしてくれるのかと。
「俺が正しいと信じたからだ」

ようやく決意した俺は、ヤツを巻き込みつつ
(むしろ巻き込まれたか)教室で小競り合いをした後、
なし崩しにいじめはなくなった。

ヤツが俺に言ってくれた言葉は、
どれも決して忘れられない。

卒業後、改めてヤツにどうして助けてくれたのか尋ねたら、
ヤツの兄貴は、いじめを苦に自殺していたからだった。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/2766-b4b1a15e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20