泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

マンハッタン花物語 [DVD]

映画「マンハッタン花物語」に関するエッセイより

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

恋なんて、回っている縄跳びの中に
ひょいと飛び込むようなものです。

タイミングが合えば、
もう余計なことは考えず、縄の中に入っちゃう。
そしてずっと飛び続けるしかない。

どちらかが、縄に足をひっかけるまで・・・

やがて恋は進行していき、形を変えていきます。
そこには一つの約束事が待っています。


たとえば、『結婚』。
恋が愛に変わるひとつのきっかけにもなるはずです。

(映画「マンハッタン花物語」の中で)
主人公のリサはそこで立ち竦んでしまうのです。
恋はたとえ誰からも教えられなくてもできるけど、
愛はもしかしたらそれなりの訓練が必要なのかも知れない。

時折、こんなことを聞きます。
暴力を振るう親に育てられると、
その人もまた我が子に暴力をふるってしまう・・・・

もちろん全部がそうというわけではありません。
ただ、子供の頃にすごした環境は
人としての生き方を決定するような影響力がある、
ということです。

 
リサはルイスに恋をしたものの、
結婚という現実を前にして、うろたえてしまいます。
その幸福の大きさが、逆に負担に思えてしまうのです。
それで逃げてしまう。

今まで自分が過ごしてきた、殺伐としているけれど、
慣れている安心できる生活に。

この映画は、『愛されなければ、愛し方が分からない』
ということを教えてくれます。
そして、『愛さなければ、愛され方が分からない』
ということも教えてくれます。

最後にリサがルイスに贈るリオトープの小さな花束は、
彼女がようやく 『愛することと、愛されること』を知った、
控えめな喜びが滲み出ていて、本当に可愛らしかったです。
(唯川恵)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


唯川恵『シネマ愛物語』から


明日はじめる恋のために―シネマ愛ものがたり
唯川 恵
集英社
売り上げランキング: 1388828


マンハッタン花物語 [DVD]
東北新社 (2000-05-26)
売り上げランキング: 77900
おすすめ度の平均: 5.0
5 ラブストーリーの決定版!

あらすじ)リサは仕事中毒なほど仕事熱心だが、心にはいつも孤独だった。そんな彼女に身内の訃報が届いた日の朝、突然、差出人不明の美しい花束が届いた。その差出人は彼女の姿を偶然見かけたという花の配達人の青年だった・・・。



1000ピース 100本のバラ 61-343
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/3401-65c1d40f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20