泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

kodama_20100809165554.jpg

児玉清、激賞!「永遠の0」

驚いた。
この本に僕の心がいきなり鷲掴みにされてしまったからだ。
題名から単なるゼロ戦の話かと思ったが、とんでもない。

息をつかせぬ展開、予想もつかぬ最後のどんでん返し。
戦争の真実、愛の力を見事に描き出した冒険譚にして
最高のミステリーに僕は狂喜した。

このような本に出会ったのは初めてだ。
国家が個人を押しつぶそうとする中で、
死と向き合いながら妻との約束を果たそうと闘い続ける
主人公・宮部の姿に、僕は幾度も心の中で泣いた。

ここには、時をも超えた本物の「大人の愛」がある。
これはまさに「今」の物語、あなたの物語なのだ!

(児玉清・単行本にて帯の推薦文)


さらに児玉清による解説の一部を以下に抜粋


なぜ、あれだけ死を避け、
生にこだわった宮部久蔵が特攻で死んだのか。
それは読んでのお楽しみだが、
僕は号泣するのを懸命に歯をくいしばってこらえた。
が、ダメだった。目から涙がとめどなく溢れた。

今、この本を手にしているあなたはどんな想いを抱くのだろうか。
泣かずに読めるのか、
それとも済陀(ぼうだ)と流れ落ちる涙に頼を濡らすのか。
いや、ちょぴりの涙なのか。実に興味深い。

(児玉清)

故・児玉清氏の名文です
どうしても読みたくなります♪

永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)
posted with amazlet at 10.08.09
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 86
おすすめ度の平均: 4.5
3 玉石混交。
4 少なくとも子どもには読んでほしいと思う。
4 戦争という現実の重みの中で、愛・信頼・矜持を謳い上げた感動的作品
4 宮部久蔵という人間
4 あっという間に読了
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/3911-8f99afe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20