泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

【乙武洋匡】
先天性四肢切断(生まれつき両腕両脚がない)という障害があり、
移動の際には電動車椅子を使用。早稲田大学政治経済学部卒。

大学時代『五体不満足』を執筆し、出版。

大学卒業後は、スポーツライターとしてジャーナリズムの世界に
手を広げ活躍しつつ、2005年、新宿区の非常勤職員となる

2005年、明星大学通信教育課程人文学部へ学士入学。
2007年教員免許を取得。同年4月より杉並区立杉並第四小学校に勤務。
2010年3月杉並区立杉並第四小学校を退職。


乙武洋匡が小学校教員になって感じたこと

自分は両親だったり、学校の先生だったり、周りの大人にすごく恵まれて育ってきて今の自分があるんだなあと。それじゃあ今度は自分の番じゃないかと。皆が違うのが当たり前ということをずっと言ってきて、自分が先生になって子供の個性を伸ばしてあげたいと思っていました。

けれど、小学校の教師をやってみて、学校の9割は杞憂(取り越し苦労)で出来てるんだということを身にしみて感じました。必ず、こういうことが起ったらどうするんだ、こんなときにどう対処するんだというマイナスから入る風習というものがあるんです。

たとえば、授業で植えたインゲン豆の収穫祭はダメ!なんです。なぜかというと、給食以外で食べ物を食べておなかを壊したら問題になるからです。だからその豆は学校で食べられず持ち帰ってもらいました。それから先生は、お父さん、お母さんと言わずに、おうちの人というんです。それはひとり親の家庭の子が傷つくから、なんです。バレンタインデーには、チョコをあげてはいけないんです。その理由はもらえない子が嫌な思いをするからなんです。

学校は子供が傷つくことを恐れているんです。でも小さな挫折って必要だと思うんですね。「俺もてたい」と思ったとき、サッカーも巧くないしカッコよくもない。そういうときどうやったらもてるんだろうと考えるんです。じゃあ面白い話をしてみんなを笑わそうとか、勉強して頑張ろうとか自分のウリを作ろうとしていくだろうと思うんです。

教える側で自分がしたのは、「子供に対してあればダメ、これはダメとか細かいことを要求しない」「頑張ったら保護者にも誉めてもらうようにした」んです。保護者にも頻繁に電話したんです。できるだけ個性を生かす教育をしようと試みたんです。でも職員室では異質の存在になっていました。

みんな違って、みんないい。
個性を認めて欲しいと伝えつづけていたんですが、
やっぱり社会はそうなっていないんです。


あるとき、以前面倒をみた生徒が、放課後、話し掛けてきたんです。
その子はいつも教室で暴れていた言うことを聞かない生徒。

「先生、あそこの駄菓子屋行ったことある?」
「いや、ないよ。なんで?」
「あそこは、いろんなお菓子やおもちゃがあるから先生行ってみなよ!」
「おぅ、わかった。わかった」
「でも、あそこは段があるから抱えてもらわなきゃダメだよ!」
「じゃあ、もうちょっと体が大きくなったら、先生のこと抱えてつれてってよ」
「いいよ、でもなぁ・・・」って言って黙るから
「なんだよ?」
「先生、もう来年この学校からいなくなっちゃうんだろ」
「うん、まぁ・・」
「先生いなくなったら、みんな悲しむよ。」
「お前も悲しんでくれるの?」っていったら
その生徒は、・・・返事のかわりに
すごい大事そうにもっていた右手の中のもの僕に渡してくれて
「これさっき買ってきた練り消し。コーラのにおいするんだぜ!」
っていってくれたんです。

心が通じた瞬間、、、
という風に感じられたんです。
すごく嬉しかったんです。自分のやってきた教育。
子供たちに届いていたかなって。。


今の教育現場には、必要なものは勇気だと思います。
クレーム、抗議を恐れていたら、結果子供たちは経験できることが
すくなくなってしまうので。勇気をもつことが必要だと思います。
(乙武洋匡)


TBS NEWS23 2010/09/03 より

五体不満足 完全版 (講談社文庫)
乙武 洋匡
講談社
売り上げランキング: 4561
おすすめ度の平均: 3.5
5 子供たちにぜひ
4 前向きな人
3 先入観・両親の影響力・子供向けの自己啓発書の側面があります
4 読んでみてよかった
5 元気がもらえる本


だから、僕は学校へ行く!
乙武 洋匡
講談社
売り上げランキング: 14124
おすすめ度の平均: 4.0
2 障害者であれ誰であれ、直言せねばならぬ時もある
5 教育って、やっぱスゴイ!
5 純粋な教育問題への取り組み
4 ライフワークを「教育」と定めるまでに何を考えたのか
5 自分も何かやろうと元気が出る本です!!



乙武洋匡が実話をベースに書いた小説

だいじょうぶ3組
だいじょうぶ3組
posted with amazlet at 10.09.11
乙武 洋匡
講談社
売り上げランキング: 486
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/3973-db6f7ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20