泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

230 :大人の名無しさん:04/06/24 13:55 ID:mjzYN+dK

父が突然亡くなった。
うちの猫のみぃは、父の行く先行く先についてく猫だった。
「いつも俺の後をついてくるんだ。俺の護衛なんだ。」
と生前父は少し自慢げに言ってた。

父の亡骸が、病院から自宅に帰ってきた。
手を組み布団に寝ている父。

すると、みぃが私達の前を通り、父の布団の中に入った。
冷たくなった父の横に寄り添って寝ていた。
その光景を見てものすごく涙がでた。
猫にも分かるのかな。お別れだってこと。

そして父が棺おけに入った夜。
家族だけの最後の夜。みぃは棺おけの上に乗り、
一生懸命父の顔の見える扉をガリガリと開けようとしていた。
砂を掘るように一生懸命あけようとしていた。
本当に一晩中みぃは必死だった。
その様子を見て私達は泣いた。

231 :大人の名無しさん:04/06/24 13:56 ID:mjzYN+dK

父がお骨になった日。
もう一生父の顔を見れなくなったあの日。
突然みぃはいなくなった。
みぃは父についていったのだろう。
「いつも俺の後をついてくるんだぞ。俺の護衛なんだ。」
そういっていた父の言葉を思いだした。
本当にそうだった。
本当は私達もついていきたいくらいだった。
その変わりみぃがついていってくれたんだ。

父の49日、
ふらっと野良猫が庭に迷い込んできた。
いなくなったみぃは女の子だったけど、今度は男の子の猫だった。
ずっとうちの前で泣いていた。その猫をどうしてもほっておけなかった。
今もうちにいる。

そういう繋がり。大切にしていきたい。
みぃも父も、その姿なくとも、
何か別の形でそばにいてくれると信じている。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/4005-378a80dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20