泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/12(火) 23:58:03
同棲して10年。
2010年10月10日10時10分(2日前)に入籍したんだが、
愛してるなんて何年も言ってない事に気付いた。

明日は嫁の誕生日。
これは逝くしかないだろう。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 00:07:01
なんだまだ新婚じゃないか。
結婚式の時に囁いてやれば良かったのに。
ってことで贖罪もかねて行っておいで。


813 :811:2010/10/13(水) 00:21:27
>>812
結婚式は訳があってやってないんだ。
取り敢えず、籍いれたんだよね。

実はうちの嫁、
事故で左腕が無いんだよ。

んで指輪の交換なんて
人前でやりたくないって言っててさ。
俺も俺で守ってやらなきゃみたいな気持ち強すぎて、
愛してるって言葉を伝えるの忘れてたみたいだ。

でもこのスレ見てさ、
伝えなきゃって思ったんだよ。
だから今日、仕事終わったら
サプライズ大作戦実行します(笑)
需要があれば報告するね。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 03:07:11
>811
報告よろ


819 :811:2010/10/13(水) 21:05:39
仕事が長引いてるので報告明日になりそう(泣)
待っててくれてる人スマソ(泣)

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/13(水) 23:31:36
>>819
待ちます


827 :811:2010/10/14(木) 21:05:42
報告遅れてスマソ。

昨日は帰りが遅くなりそうだったから
昼のうちに嫁の大好きなケーキを買って、
会社の冷蔵庫に保管。

以前から用意しておいた指輪と
花屋の友達に頼んで花束を、
会社に届けてもらう事に。
んで、午後10時帰宅。

俺「ただいまー。」
嫁「お帰りなさーい…えっ!なに?花束とかー(笑)似合わなすぎ!(笑)」
俺「誕生日だろーが。おめでとう。あ、ケーキもあるよ」
嫁「やったー」
ルンルンでリビングに向かっていく嫁。
2人で食事してケーキ食べて、
俺が花瓶に花を活ける時に突然嫁が
嫁「ねー、本当に籍入れても良かったの?」
俺「なんで?」
嫁「だって、うちの両親に『やめてもいいんだよ?』って言われたんでしょ?」
俺「誰に聞いた?」
嫁「母さんに…」
俺「そうか…この話はしないでって言っておいたんだけどな。」
嫁「それも聞いた。」
俺「そう…」
嫁「…」

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 21:11:11
そのときの話をwktk

830 :811:2010/10/14(木) 21:22:26

・・・・・

入籍三日前、
突然嫁の両親に1人で来てほしいと呼び出された。

嫁父「うちの娘は家事も満足に出来ないし
これから子供も出来るだろう。
そのときにちゃんと子育て出来ないかもしれない。
君にはただでさえ迷惑をかけてきた。
私達は君の事を実の息子の様に思ってる。
君には幸せになってほしいんだ。
うちの娘では君は幸せになれないかもしれない。
それが心配なんだ。」
みたいなことを突然言われた。

その理由は…嫁には左腕が無い。

同棲始めて二年目の夏だった。
よく新聞なんかに載ってる交通事故だった。
まさかそれが自分の身に
降り掛かってくるなんて思ってもみなかった。

警察やら病院やら事故を起こした相手やら
なんかいろいろあったんだけど
何故かあまり覚えてない。

ただ一つ覚えてるのはもう無くなってしまった左腕辺りを
まさぐりながら毎日泣いてる嫁の顔だ。
それが当たり前になるまでにかなりの時間を費やした。

嫁両親が心配する気持ちもわからないでもない。
でも、そんなふうに言ってもらえて
俺はむしろ幸せ者だと思えた。

835 :811:2010/10/14(木) 21:46:28
俺「お義父さん、お義母さん、本当にありがとうございます。
そんなふうに思って頂けるだけで充分僕は幸せ者です。
でも彼女無しの人生は僕には考えられません。
もう一度お願いします。娘さんを僕に下さい。
お願いします!」

嫁両親は泣きながら、
嫁父「こちらこそ、うちの娘をよろしく頼みます。」
嫁母「うちの娘を幸せにしてやって下さい。」
って言って頭を下げた。
何故か俺も泣いてしまった。

・・・・・


嫁「…」
俺「…じゃあ、俺が何て言ったかも聞いた?」
嫁「詳しくは聞いてないけど、
そんなことを俺君に言って申し訳なく思ったって…」
俺「…そうか…。」
嫁「…」

俺はおもむろにソファーで体育座りしてる嫁の横に座り、
俺「俺は…お前じゃなきゃ駄目なんだ。
お前しか考えられないしね。」

言った途端に嫁が号泣。
ここで最終兵器と呪文用意。

俺「これ…お前嫌がるから買わないでおこうと思ったんだけど。」
んで嫁の右の手を取り薬指に指輪をはめる。
俺「これからもずっと傍に居てほしい。愛してるよ。」
嫁「う゛ん」

泣きながら変な返事した嫁に
ちょっと萌えながら頭撫でてやると
嫁「あいじでるぅ~。うえ~ん」
泣きながら抱きついて来た。


840:811:2010/10/14(木) 21:56:26
んで昨日はそのままソファーで2人で泣きながら寝てしまって、
朝起きて2人で腫れぼったい目みて笑い合いました。

愛してると唱えたら、これから2人で幸せになっていける気がしました。
こんなしょーもない報告にお付き合い頂き、ありがとうございました。



841:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 21:56:40

いきなり片腕なくなった人が同棲生活を続けられるだなんて…

愛の力は偉大だと思いました。


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:01:12

ウルルン
今日は気分よく寝られそうだ。


843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:06:37

うん
今日はいい月だ
涙腺がゆるくなっていけねぇや


844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:09:31
良い話しだった…。


845:811:2010/10/14(木) 22:11:19
>>841
俺もね、正直言うとね、迷った。
だって将来考えちゃうじゃん。家事とか子供とか老後とか。
でも、それ以上に思ったのが、
今俺が居なくなったらこいつはどうするんだろう?って。
こいつには俺しかいないんじゃないかって。
俺がこいつを守らなきゃって。
でもそんな想いに捕われすぎて、唱えるのすら忘れてた。
んでこのスレみて気付いたんだよ。
助けてるつもりが助けられてるんだって。
だから素直に言えたんだと思う。
もし最近唱えてない人いるなら唱えてほしいです。
俺が言いたいのはそれくらいです。
支援くれた方々、待っててくれた方々、
本当にありがとうございました。

でわ。


846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:13:24
>>811
ROMってたが、これだけは言わせてくれ

GJ


847:名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:16:50

俺もこれだけは言いたい
お前たち二人に永遠の幸あれ


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:18:05

あれ?
画面が曇って見えづらいや。。。


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 22:18:06
読んでるこっちが優しくなれるような報告だったよ、乙


852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/14(木) 23:15:09

>>811
バンザーイ、バンザーイ、御主は真の勇者たいw
これからも、益々嫁さんと末永くお幸せに~w


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

960 :811:2010/10/21(木) 19:30:43
こんばんわ。
811です。
また、しょーもない報告にお付き合い頂ければ幸いです。

唱えた次の日の事です。
泣き腫らした目のまま出社して帰宅。

嫁が出迎えてくれたんですが
何か言いたそうな顔をしてるので、
俺「どした?」
嫁「うん…あのね…やっぱり、いい…」
俺「なんだよ。気持ち悪いからちゃんと言ってくんなきゃ。」
嫁「う~…でもなぁ~…怒んない?」
俺「いやいや。聞かなきゃ解らんし(笑)」
嫁「うん…あのね…ウェディングドレス着たいなって…。」
俺「…。」

結婚式を嫌がってた嫁からの突然のお願いに、
ちょっとびっくりしつつ、
俺「急に?」
嫁「…うん…怒った?」
俺「正直な気持ちはびっくりしたかな。
怒ってはいないよ。それよりもなんで急に?」
嫁「…うん…お父さんとお母さんには見てほしくなったの…。」
俺「きっと喜ぶと思うよ。」
嫁「じゃあ、いいの!?」
俺「反対する理由はないな。」
嫁「やったー!ありがとう!」

モーレツに喜びはしゃぐ嫁。
しかし俺には一抹の不安が…。
俺「結婚式やるってことか?準備にどんだけかかると思って…」
嫁「違うの。写真でいいの。」
俺「あ。なるほど。」

強烈な早とちりをかまして1人で恥ずかしくなり、
俺「じゃー、値段とか調べておくよ。」
とか言って風呂に逃げました。

風呂からあがると嫁が、
嫁「お父さんとお母さんには言っておいたほうがいいかなぁ。」
とか言うので、
俺「いきなり持っていって驚かすのもありだけど、やっぱり報告しとこーか。」
嫁「そーだね。明日電話しとくよ。」


961:811:2010/10/21(木) 19:32:19

次の日、写真撮るところって結構あるんだなーとか
思いつつ休み時間に会社のパソコンで調べてると携帯が鳴った。
俺「どうした?」
嫁「お父さんが…お父さんが…」
俺「!?お義父さんがどうした!?」
嫁「お父さん、癌なんだって…ずっとワタシたちには内緒にしてたって」
俺「嘘だろ…?お義母さんは?お義母さんは知ってたのか?」
嫁「…うん…でもお父さんが絶対に言うなって口止めしてたみたい…」
俺「そんな…」

俺は入籍の三日前に呼び出された時の事を思い出していた。
たしかにお義父さんの顔色は悪かった様には見えたが
病気だったなんて全く解らなかった。

お義母さんもお義父さんが話している間、
ずっと下を向いて震えているようだった。
でもそれは自分の娘と結婚しないほうがいいと、
俺に伝えた緊張からだと思っていた。

俺「…で…お義父さんは?」
嫁「昨日、入院したって…」
俺「今すぐ帰る。」

そういって電話を切り、
後輩に理由をいって仕事を任せて全速力で帰った。
嫁がなんとも言えない顔で玄関に座っていた。
俺の顔を見るなり、
嫁「どうしよう…どうしよう…」
とか言ってるから、
俺「落ち着け。病院いくぞ。用意しよう。」

なんとか嫁に用意させて病院にダッシュ。
病室に入るとお義父さんがびっくりした様な顔でこっちをみて、
嫁父「…母さんに聞いたんだな…」
とため息をついた。

嫁は黙って頷くと、お父さんの横に座り、
嫁「なんで!?なんで黙ってたの!?」

突然怒りだしたので、俺も嫁の横に座り、
俺「落ち着け。病院だぞ。でもお義父さん、何故なんですか?」
嫁父「…お前達の結婚に水をさすような真似はしたくなかった…
今は申し訳ないと思ってるよ。」

俺「なら、なんであの時あんなこと言ったんですか!?」
嫁父「前にもいったが君は私達の本当の息子だと思ってる。
しかし、娘の事で迷惑をかけてこの上私の事で迷惑をかけたくないと思ったんだよ…」
俺「…お義父さん…」


964 :811:2010/10/21(木) 19:45:27
俺は言葉が出なかった。
俺は幼い頃に両親を亡くしていたから
本当の家族っていうのを知ったのは嫁の家だった。

本気で俺を叱ってくれた。本気で俺を心配してくれた。
本気で俺を…愛してくれた。

その大事な人が自分の体よりも俺達の事を心配している…。
俺は自分が情けなくなって…泣いてしまった。
俺「お義父さん…すいません…俺…俺…」
もう何を言っていいか解らなくなって、
ただただ泣くしか出来なかった。
嫁も泣いてた。

病室のドアが開いてお義母さんが入ってきた。
俺達が泣いてるのを見てお義母さんは、
嫁母「あらあら。そんな顔してたらお見舞いにはならないわね。」
そういって笑った。

嫁母「あなた達がしっかりしてくれないと、いつまでも安心出来ないわよ?」
嫁「…お母さ~ん…」
嫁はお義母さんに抱きついて泣いていた。
嫁母「あんたいくつだと思ってんの?」
そういいながらお義母さんは嫁の頭を撫でていた。


966 :811:2010/10/21(木) 19:52:07
俺が俯いて椅子に座り泣いてると
お義父さんが、俺の肩に手を置いた。
お義父さんの顔を見るとニッコリ笑って、
嫁父「…頼むぞ…。」
一言だった。
でも全て伝わった気がした。
また泣けてきてしまった。



968 :811:2010/10/21(木) 19:59:30
嘘であってほしい。
ネタであってほしい。
明日病院にいったら誰かに「壮大な釣りでしたwwww」
って言ってほしい。
…頼むよ…本当に…。
誰かお義父さんを…俺の父親を助けてくれ…頼む…




  

  
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/4068-96004687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20