泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

107 :大人の名無しさん :2007/02/12(月) 22:29:20 ID:OKF4KEoM

親父に伝えられなかったこと。

自分が子供のころ親父は厳しかった。自分に非はあるが、
なんか悪いことをすると、力いっぱい引っ叩かれた。
冗談ではなく首の骨がおかしくなるんじゃないかと思ったほどだ。

そのくせ、普段仕事ばかりで自分が子供のころ、
親父に遊んでもらった記憶はほとんどなく、
子供の目にうつる親父は自己中心的だった。

親父が優しかった思い出はあまりないけど、
小学校低学年のころ犬の糞をふんで近所の子供に馬鹿にされ、
悔しくて泣きながら家に帰ったことがあった。
たまたま母親がいなくて、たまたま家にいた親父は、
自分の糞まみれの靴と足を何も言わずに洗ってくれた。

高校に入る頃には親父の押し付けがましい考え方が嫌で、
なるべく顔を合わせるのを避けるようになった。

高校時代さして成績がよかった訳でもなかったが、
卒業後は大学にすすみ、親父と同じ職業に就くことを選んだ。
今にして思うと、親父と対等になりたかったのかもしれない。

俺が親父と離れた土地で就職、
結婚して家庭をもち何年かたった頃、
親父は病気になった。

何度か見舞いに行ったけど、
相変わらずの親父の身勝手な態度が許容できず、
口喧嘩をして帰ることが多かった。

「どうして親父は周りの人間の苦労や、
迷惑を省みないでわがままばっかり言うんだ。」
病床の親父にそういって帰った数日後、親父は息をひきとった。

何年か経ったけど、時々親父の夢をみる。
口論しているか、親父の具合が悪い時の夢がほとんどだ。
たぶん親父が今、生きていたとしても、
やっぱり喧嘩するだろうと思う。

ただ、親父の夢をみて朝起きたとき、いつも心に思うことがある。
生きているときに伝えたかったことだ。

今俺が生きているのは、親父のおかげだ。
死に目に間に合わなくてすまなかった。
育ててくれてありがとう、心から感謝してる。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/4222-71013226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20