泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

お笑い芸人・ピース又吉直樹がお薦めする本

現象として実際に笑えるユーモアのある本として選んだ3冊

回想の太宰治 (講談社文芸文庫 つH 1)
津島 美知子
講談社
売り上げランキング: 106788

太宰治の奥さんがかかれているんですど、
太宰作品から想像する太宰の妻っていうのは
けなげで大変な苦労されている印象があったんです。
だけどこれを読んで凄い面白い方で強さもありますし
太宰を客観的に見ていて、今の言葉でいうと
彼を「いじってる」ように感じたんです。
この方がいたから、太宰はああいう面白い作品を
かけたのかと思いました。(又吉)



もうおうちへかえりましょう
穂村 弘
小学館
売り上げランキング: 117333

歌人の穂村さんのエッセイなんですけど
ただただ僕は共感して、笑えた。
その中の「マイナス星人」というエッセイ。
なぜかそこにいるのに気がつかれない、、、。
僕も番組のスタッフさんにも「又吉さ~ん、又吉さーん」と
そこにいても気がつかれないことが多いんです。真横にいても。
ボーリングのガッツポーツがどうしても出来ないとか、
どうしたらいいのかわからないことが、とても共感して
笑えるんです。(又吉)



人間小唄 (100周年書き下ろし)
町田 康
講談社
売り上げランキング: 11580

町田さんの小説は毎回笑えて、
お笑い芸人でも十分いけたと思うんですけど、
この小説は作家のもとに20首の短歌が贈られてきて、
それが罠だった、、、という話なんです。
むちゃくちゃといえば、無茶苦茶なんですけど、
自分の想像してなかったところにどんどんはまっていってしまって、
なんで俺がんばってるんだろうと我に返る瞬間とか、
笑いながら読んでるんですけど、だんだん怖くなってくるんです。
狂気というかそれに近いことがあるな、と思い読んでいったんです。
脳みそがぐちゃぐちゃになるような、僕は凄い面白くて好きでした。(又吉)

そうとう言っちゃってますよね、これは町田さんでなちゃ書けない。しかも高度な作品ですね(藤沢周)

いや~町田康は天才ですね。これ端的にいえば人を苛めていじめて苛めぬく小説ですよね。それを小唄のようにふふふんと歌で感じで、笑えるけど、本当に怖い人間の悪意の極限のような気がしました。(学習院大教授:中条省平)

2011年5月23日 NHKBS週刊ブックレビューより
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/4695-6e6ed833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20