泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

しるし

Mr.Childrenの「しるし」。
聴けば聴くほどじわじわと心に迫ってくる。
歌詞は哲学的でもあり、普遍的な意味をもつようにも感じる。

最初からこうなることが決まっていたみたいに
違うテンポで刻む鼓動を互いが聞いている
どんな言葉を選んでもどこか嘘っぽいんだ
左脳に書いた手紙無茶苦茶に丸めて捨てる
心の声は君に届くのかな
沈黙の歌にのって
ダーリン ダーリン
いろんな角度から君を見てきた
そのどれもが素晴らしくて
僕は愛を思い知るんだ
「半信半疑=傷つかないための予防線」を
いま、微妙なニュアンスで君は示そうとしている


(my解釈↓)
“最初から君とこういう風に結ばれることが
決まっていたように思えるんだ
体をあわせてきこえる君の鼓動は
僕と違うテンポで聴こえてきて
それさえも愛おしく思えて
その想いを言葉にすると嘘っぽく思えてしまって
僕は妙に黙ってしまうんだ
論理的な思考で考えた言葉を
いくつも考えて僕は陳腐な台詞を言わずに捨て去る
僕が思っている気持ちが君に届くのかな
僕が黙っているその意味がわかるかい?
ずっとずっと君を見続けてきた
そのどれもが素晴らしくて
僕は愛を思い知るんだよ”

というような解釈を、はじめはしていたんだけど。

”「半信半疑=傷つかないための予防線」を
微妙なニュアンスできみは示そうとしている”
ここが引っかかる。どういう意味なのか。

はじめて結ばれた後、彼がだまっているので
彼女が不安に思っているという感じなのかな
そんな解釈をしていた。
恋愛初期のとまどいの歌。。

ところが。
オリコンのサイトにこう記してあった。

"付き合ったばかりの恋人たちの愛の歌"にも
"悲しい別れを迎えてしまった恋人たちの歌"にも
受け取れる詞は、聴き手のその時の心境や状況によって
思い浮かぶシーンが変化する物語。


そうかー
「こうなることが決まっている」というのは別れで
「沈黙」は別れのときの気まずさ。
「違うテンポで刻む鼓動」とは気持ちのすれ違い
互いの存在に対する違和感...
そういうふうにもとれるということか。

壮大なラブソングでもありせつない別れの歌でもある「しるし」。
さらにこの詩は「14才の母」の脚本を読んだ上で書き上げたのだという。
「しるし」の意味。別れ、出逢い、愛、そして妊娠の印。
さまざまな意味が隠されていて簡単に断じることは出来ない。
うーむこれは深い歌だなあ。歌詞全文


・追加:
さらにはドラマの展開から推測すると、(観てないけど)
親が子を見つめる親子の愛の歌、
そしてお腹の赤ちゃんとの別れ歌(出産?中絶?流産?)などなどと
いろいろな解釈も出来るのだ
(「14才の母」におけるしるしの意味)

歌詞を読み込めば読み込むほど
稀代の名曲に思えてきたぞ
桜井和寿恐るべし!


・さらにさらに追加:
聴き始めて数ヶ月たっていても
いまだに何度も繰り返し聴いている。
どうにも詩が胸に突き刺さってくる。

「泣いたり、笑ったり、不安定な想いだけど
それが 君と僕のしるし」


“しるし”とは
共にすごした思い出。
あの時、それがすべてだったほどの。
全身全霊で、愛した記憶。

だから。
この歌は、やっぱり別れの歌。
せつなくて、苦しい愛の歌。
想いだしてもどうしようもならない
よかったことしか思い出せない・・

だからこそ。
過去をもがき苦しんでいる人の歌だからこそ。
この歌はどうしようもなく泣けてくるのだ。

(2006/11/27 )


★2007.3.13追加★
日本テレビMusic Lovers Specialにて
桜井和寿が「しるし」について以下のように語っています

『これは自分が作ろうと思って作った曲ではなく・・
頭の中に浮かんだときに、凄くいいメロディだと思ったので
このメロディにどういう歌詞をのっけようかと思って。
別れの歌なのか、すごく恋愛真っ只中の歌なのか・・
でも、そもそも考えてみると
どんな物語であったって、そこに伝えたいことって
その中にある 想い じゃんと思ったんです。
だから物語を限定しないで別れの歌にも
恋愛の歌にもどちらにもとれるような、想い だけが
そこの中心にあるような歌が書けないかなって
思ってこの「しるし」が出来たんです』(桜井和寿)


★2007.8.3追加★
阿木耀子と桜井和寿対談~僕らの音楽から

・しるしの歌詞について
「しるし」は、わざと別れの歌にも、恋愛の真っ只中にも、
どっちにでもとれる歌詞にしたんです。
とにかく「しるし」のメロディが好きで、そのメロディがすごく大事に思ったんです。
だから最高の言葉をのせたいと思ったんです。で、悩んだ挙句、歌詞の
中にある物語が、なにかを伝えるわけのではないな、と思ったんです。
結局、「深い愛情」「想い」みたいなものが人の心をうつんだろうなと
おもったときに、物語なんてどうでもよくて、「想い」だけが歌の中心
にあるような、そういうものをつくりたいと思って出来た詩なんです。(桜井和寿)


★2010.6.26追加★
NHK佐野元春のザソングライターから

・僕の場合、曲が先にできるんです。詩は後。たぶん曲が歌いたいこと
伝えたいこと叫びたいこと、なにかイメージをもって生まれてくると思うんです。
メロディを思いつくままの言葉、たとえばラララであるとか、かすれた声で歌うと
それが怒りであるのか、優しさなのか、その音から何かを自分がもらうんですね。

自分の中で1番手応えを感じた曲は・・・「しるし」ですね。
いくつかラブソングを書いてきたんですけど、これは別れの歌なのか、恋愛が巧くいって
いるのか、どちらでも取れるような歌にしたいと思って出来たうたなんです。
「共に生きれない日がきたって、どうせ愛してしまうんだ」という個所が
あるんですけど、その「どうせ」という言葉を使うこととかが、自己満足なんですが
凄く巧くいえたなって思います。

人間関係の中の心の揺らぎという、「揺らぎ」の部分って大切にしていると思います。
だから単純なハッピーなだけの歌っていうのは、作品の中にはないし、
悲しいだけの歌っていうのもないように思いますね。(桜井和寿)


★2011.12.27追加★
2006年ミュージックステーション出演時の会話より

・この詩は、車に乗ってるときに出来たんです。
曲とかは自転車に乗ってるときに出来ることが多いです。
電動アシストつきのママチャリで。
曲が浮かんだら頭の中で必死で歌いながら忘れないようにして。
お風呂トイレのようなリラックスしたところでよく出来たりします。
締め切りがあると全く作れないです(桜井和寿)


★2012.5.13追加★
フジテレビ僕らの音楽(2012.5.11)
・新曲が出来るときは最初はメロディだけが出来てきて小林(武)さんを含めてコードだけ書いてある譜面をもらって桜井がアコースティックギターで弾きながら誰からともなく合わせていって、、、。世に出るものは大体1回か2回のセッションで形になってますね。(ミスチル鈴木)
・大げさですがその最初セッションというのが神聖化していることもあって、これで決まる!みたいなところが残って、歌詞が(後から)はいてっくる(ミスチル中川)
・言葉がのってないメロディの中にも、言葉の断片が・・たとえば「さよなら」って言葉があったりするんですけど、それ以外は「ラララ」で歌っていて。それを聴きながらみんなが演奏するんだけど、その雰囲気にちょっとずつ、断片としての具体的なものを、メロディにつけてみせてくれたりして。僕はその音を聴きながら、またさらに具体的に言葉をつけていくっていうか。(桜井和寿)
・仮歌の状態でレコーディングするんだけど、その後初めて歌詞がのってきたときは、血がドクドク流れ始めたみたいなそういう印象ですね。最初に想ったイメージと違った歌詞がついてきたりするときもあり、次のアルバムにはそういう意外なやつがあって、感動しました。もちろん思っていたイメージの歌詞を書いてくれたりもします(ミスチル田原)


★2012.11.27追加★
日本テレビmusic lovers(2012.11.18)
(giftの歌詞なんかにしても)僕がこういうイメージで書きましたよっていう風にあんまり聞き手に教えたくなくって、誤解して受け取ってもらえたほうがいいいこともある。曲ができるのは、お風呂トイレとか水周りが多いです。(桜井)


★2012.11.27追加★
フジテレビ僕らの音楽(2012.11.23)
コブクロ小渕との対談にて
曲づくりはギターとかでなく鼻歌なんですよ。自転車に乗ってたりして。メロディが浮かんだらボイスレコーダーに録音して。譜面も読めないんですよ。ギターで作ると手癖のコード進行ってあるじゃない?それに支配されたくないんです。(桜井和寿)


★2012.12.17追加★
NHK佐野元春のザソングライター(2012.12.14放送)のスペシャル番組から
「素で言えないことは、なかなか、歌詞でも書きかねるかもしれないです。でも歌詞を書きすぎて普段の自分が麻痺してるのかもしれないです。物凄い臭い台詞を平気で言えるようになっちゃってるのかもしれないですけど(笑)(桜井)


★2012.12.17追加★
NHKSONGS(2012.12.15放送)にて (「常套句」の歌詞の説明の後)
「言葉というのはいちばん後に出てくるんですけど、僕自身生きてる上で何にも、あんま主張はないんです。メッセージとかも殆んど持ってないし、ポカンと生きてる。そういう人間が音を出して、メロディがあって、そこに言葉を乗っけてみろよって、無理やり吐き出させると、俺は本当は心の奥底にこんなものを思っていたみたいなものが音楽によって引き出される。その瞬間が感動で、それはきっと僕だけじゃなくて、音と向き合ってると、音を出しながら自分と向き合って、また新しい自分が引き出されるみたいなことが、きっと・・・それが楽しい」(桜井和寿)


ミスチルの最高傑作の「しるし」のシングルCDには、くるみの映画「幸福の食卓」バージョンも含まれていてこれがまた泣けます。買って聴きましょう。⇒Amazonしるし詳細見る


★2014.11.29追加★
NHKSONGS(2014.11.29放送)にて 
・「名もなき詩」の歌詞について
「頭を真っ白にして自然と湧いてきた言葉を元に書きました。無意識だったからこそ、”愛の本質”のようなものを二番のサビに表すことができたんじゃないかと思います」(桜井和寿)
~愛はきっと奪うでも与えるでもなくて気がつけばそこにある物 街の風に吹かれて迷いながら 妙なプライドは捨てしまえばいい そこから始まるさ~名もなき詩

・「口笛」(2000年)の歌詞について
歌詞は当時、東北の風景を見ながら書いたものです。「言葉にならない気持ちや希望、そんな想いが口笛のように響き渡る」そんなシーンを描いてます

・「足音」(2014年)について
「今までずっと(プロデューサーの)小林(武史)さんとやってきて、親心のような気持ちもこめて「今回は自分たちでやったらどうか?」といってくれて、今回はメンバー4人だけで制作・アレンジした曲です。ミスチルの新しい可能性を感じられたと思えました」(桜井和寿)


★2015.6.19追加★
NHKSONGS(2015.6.15放送)にて 
・「足音」「Starting Over」(2015年)について
「メンバーみんなが、まず小林さんの動き出しを見て、じゃあその次にどう動くのかっていうことをバンドが考え出しちゃっていたんです。それをちょっと、もったいないって思ってる部分はありました。4人ひとりひとりの音が聞こえてくるもの、それは音楽的なことだけじゃなくてチームワーク、連帯感というものを強めたかったという気持ちが凄いあったんです。(櫻井)
・「ドラムのプレイというよりは歌を聴いて叩いてますよね。歌もしくはアンサンブルがちゃんと成立するようにするにやっているので、一個人の主張は一切ないです」(Dr.鈴木英哉)
・「僕たちはやっぱり櫻井の歌が好きで、歌が一番いい形で聴こえるバランスを模索していて、一ベーシストっていう欲ってないのです」(Bs中川敬輔)
・「歌っている人が凄すぎるんで。レコ-ディングしているときは家を作っている気持ちになっているんですね。ペンキを色ぬってはけをもって塗っているような一生懸命、隅をしっかり綺麗にしっかり塗りたいっていう感じですね」(Gt田原憲一)

・「Starting Over」(2015年)について
メンバーのみんなもこの歌がどういうことを歌っているんだろうかって分かっているだろうし、だからこそ凄く大事にしたいっていう気持ちも強かったと思うので。その分一人一人がかける時間は長かったかもしれないけども、でも僕もそれは同じ感覚で「Starting Over」ができて何かにケリをつけることができたというか決着をつけられたなあって。MrChildrenがこう事務所も変わったし、小林さんがいなくなったから、このタイミングで”ああMrChildrenよくなくなったよな”って思われるのが何よりもイヤだったし、プレッシャーでもあったけど。でもそれは同時に邪念でもあって、あの曲で一回、自分の中のモンスターをこう撃ち殺すというか。撃ち殺してもまたあらたに出てくるかもしれない。きっと現れてくるだろうけど、そうやってまた何かを終わらせてまた何かを始めていくってことを、ずーと繰り返していきたいなって。」(桜井和寿)


★2015.12.03追加★
RO69(アールオーロック) 12月2日(水)21時30分配信記事にて

2015 12.2 ミスチルはなぜ「対バンツアー」を行なうのか?より
”『シフクノオト』リリース時の『JAPAN』誌のインタヴュー(2004年4月号)では
「音楽だけをやれてるだけでも幸せなのに、レコードが300万枚も売れるような時代に出てきて、売れて。それの恩恵をいつまでも受けてて……(中略)なんか罪悪感みたいのが、ずーっとあって。」とも語っていた桜井。

しかし――2015年の「Mr.Children 2マンLIVE」でのMr.Childrenはまるで違った。自分たちの立つステージにはホームもアウェイもないとばかりに、Zeppの舞台にスタジアム級の風景と祝祭感を描き出す。「喜んでもらうこと」と「自分たちのため」と、ツアー終了のわずか2日後、RADWIMPSの対バンツアー「RADWIMPSの胎盤」のZepp Tokyo追加公演にゲストとして出演。そのパワフルな演奏と誠実なMCで、RADWIMPSファンを歓喜の渦へと叩き込んでいる。

「たぶんMr.Childrenって、さあこの指とまれっていうサビでみんな思いを共有するっていう。それをお茶の間レベルでちゃんとやる存在だったけど、もう音楽全体がそれを必要としてないかもしれないと思った時に、どこにボールを投げていいのかわからないっていうのはすごくありましたけどね。『今、必要とされてるポップソングってなんだろう?』っていう、うん。だから、持ってる全部の球種を使って投げる」(櫻井)

音楽を取り巻く状況への向き合い方について、桜井は『REFLECTION』リリース時の『JAPAN』誌インタヴュー(2015年7月号)でそう語っている”


★2017.7.20追加★
テレ朝【関ジャム】 2017 7 9より 
・Cross roadのについて
櫻井は「この歌は、100万枚売れる」と豪語。(125万枚売上。初ミリオン)
・Inocent Worldの歌詞について
「歌詞については、いろんなことに辻褄あわせしている。自分の内面みたいなものを、初めてだした曲だった」(櫻井)

・作詞家、いしわたり淳治による解説
歌詞にルールなくて、一番と二番の文字数がバラバラ違っていても違和感がない。たとえば「名もなき詩」で、残さずに全部食べてやる~ と たまに情緒不安定になるだろ というところも文字数が合わないのに違和感なく普通に歌えてしまってる。早口の部分もメロディに言葉をねじこんでるところで、いいたい事が勝っているという印象になっている。メロディの奴隷になって間延びしているのではない。曲のために形をととのえたという歌詞になっていない。メロディに文字数の制限をつけてない。

常套句の歌詞では「会いたい」という手垢のついたフレーズを、さらに(たとえば西野カナさんの震えるとかいう)奇抜な言葉を一切使わず、付け足さず、圧倒的にこの常套句をシンプルに並べることで、表現するという想いがあったのではないかという凄い歌詞なんだと思う。

タガタメという平和を願う詩の歌詞の流れは
まずディカプリオを思い描く日常という【自分の部屋】→星を見上げる【空】、ある人は、、、【他人】→子供たちになにをすべき【子供たちの未来】というように最短ルートを通って広い歌にしてる。(いしわたり淳治)

・スキマスイッチの大橋卓弥による解説
櫻井さんは、一つの歌詞の世界観の中で歌い方も変えてしまうのが凄い。たとえば「HERO」の歌詞の中で一番の弱い主人公が裏声で歌っていたのが、ヒーローとなって強くなりたいという場面で地声で歌うというストーリー性をもって演じている。平和を願う詩・タガタメでも、歌いだしは日常の静かな歌いだしなのに、メッセージをつたえるため最後はのどをつぶしてしまうくらいの歌い方になっている。(大橋卓弥)


しるし
Mr.Children
トイズファクトリー (2006-11-15)
売り上げランキング: 26226
おすすめ度の平均: 4.5
5 熱い気持ちになる曲
5 心の声
3 「美しい」という言葉がよく似合う
5  さまよう巡礼馬たちへ


HOME (初回限定盤)
HOME (初回限定盤)
posted with amazlet on 07.03.13
Mr.Children
トイズファクトリー (2007/03/14)
売り上げランキング: 1

「箒星」「フェイク」「しるし」といったシングル曲を含む13枚目のオリジナル・アルバム。


MUSIC STATION SP Mr.Children最強ソングBEST10

⇒「14才の母」胎児のポーズの意味
関連記事
コメント
この記事へのコメント
しるしの歌詞の意味をブログに書きたくて、意味を調べながらネットサーフィンしてて記事を見させて頂きました。
内容とっても素晴らしくて感動しました。
やっぱりしるしは名曲ですよね。
あとこちらのサイトも参考になりました↓
http://utakotoba.net
2013/12/08(日) 19:12 | URL | yoyo #-[ 編集]
yoyoさま
「しるし」は未だにしつこく聴いています。
歌詞もメロディも素晴らしくて。
何年たっても飽きない
間違いなく名曲です♪
2013/12/09(月) 05:37 | URL | yoshi #-[ 編集]
通りすがりの者です。
しるし。
曲も歌詞も未だに大好きで
初めて聞いた時泣きました(T_T)

だってこれお母さんとお腹の赤ちゃんの事を言ってるんですもの。

赤ちゃんはお腹の中で
水の流れる音、お母さんの声、心音、結構色々聞こえてるんですよ。
そしてお母さんも病院の検診で元気な赤ちゃんの心音を聞いて嬉しくなるんですよ♪

そして「この子はどこから来たんだろう」とか「運命」とかまさに
「最初からこうなる事」だったのか?とかお母さんは思っちゃうんですねー!
2013/12/27(金) 23:59 | URL | かぁちゃん #-[ 編集]
違うテンポで刻む鼓動

お腹の赤ちゃんは大人の二倍の早さで脈打ってるんです。

桜井さんが
自分の子供を思って作った曲かなーと思いました
2013/12/28(土) 18:07 | URL | かぁちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/471-9587a8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
しるし:ミスチル:歌詞も試聴も。PV視聴ダウンロードも可能。しるしの歌詞は泣けますね。
2006/12/14(木) 12:45:11 | 歌詞 Blo
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20