泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

「嫉妬」という言葉には、そのどちらにも「女」という文字が含まれている。

もともと女性のほうが嫉妬深いからという認識でこういう文字が出来上がったのであろう。しかし、それは間違いである。男性のストーカーなどを見ると、彼らは男性であるのにもかかわらず、非情に嫉妬深い。根に持ち、執拗である。ねちねちと終わりがない。事件に発展することも多い。

だが、「男性のほうが嫉妬深いのか、それとも女性のほうなのか」という問題は、本当のところ、あまり意味はない。その比較は無駄である。心理学的には、男性と女性の嫉妬は「質的」に違っているからである。

どういうことかというと、男性は女性が「カラダの浮気」をしたときに腹を立て、女性は男性が「心の浮気」をするのが許せないのだ。どちらも嫉妬深いのだが、嫉妬を感じる対象がほんの少し違うのである。

だから、男性は恋人や奥さんのまえで、決して他の女性を誉めてはいけない。

女性はこういうことに嫉妬深い。この点に関して恐ろしく根にもつ。自分でも気づかず機嫌が悪くなってしまう。嫉妬に狂っていることを認めないほどに。

例えばテレビをみていても、美人で評判のよい女優、女性に人気がある女性に対してもあからさまに誉めてはいけない。彼女のほうから言われても、あまり積極的に同意してはいけない。

褒めたとしても「まあでも、おまえといるほうが、ほっとするけどな」とか「そういえば、おまえとちょっと雰囲気にているよな」くらい付け加えておいたほうがいい。そうしないと不機嫌になってしまう(場合もある)からである。それが乙女心・女のDNAなのである。



 
嫉妬する人、される人 (幻冬舎文庫)
谷沢 永一
幻冬舎
売り上げランキング: 91681


アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006-09-08)
売り上げランキング: 6626


彼女を見ればわかること [DVD]
日活 (2002-01-25)
売り上げランキング: 33031


悲しみよこんにちは [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2011-02-23)
売り上げランキング: 19280
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/4872-904398b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20