泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 21:21:58.16

俺が6歳のころから飼ってる犬がいて
そりゃあもう家族のアイドル的存在。

家族みんなが溺愛してた。
その後、多感な時期に両親が離婚し、
父親がいなくなったが、そいつのおかげで
克服できたんだとおもう。

そいつとの出会いも、フラっと立ち寄ったオカンが
ペットショップで見つけたらしいんだが、
そいつだけはオカンから目を離さなかったらしい。

まだ手のひらサイズの子犬で、柵から鼻だけだして
オカンに目で必死に訴えてたって言ってた。

俺はよく小さい頃からチョッカイ出しては噛まれて
今でも俺の鼻に傷が残ってるくらい、よく噛まれた。

犬にチューってあまりしちゃいけないっていうけど、
それでも我慢できないくらい愛くるしいやつで
何度チューしてもしたりないくらい愛してるんだ。

もうあれから15年たった。
長生きだし元気だったけど足の裏に腫瘍みたいなのが出来て、
上手く歩けなくなった。

色んなところに腫瘍は出来てたけど、
手術するとなると足一本を取らなきゃいけなかったから、
歳を考えると薬を飲ませるのが一番の治療法だった。

毎日包帯取り替えては薬を塗って看病した。
散歩に連れてく度、思いっきり走れないあいつを見てると心が痛かった。
だけどそれでも楽しそうに尻尾を振って散歩に出かけてた。


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 21:43:11.24

いつまでも元気でいてほしかったけど、
だんだん衰弱していって ずっとめまいがしているようだった。

去年12月、朝になっていつもどおりオカンの布団の上で寝てる
あいつを見てみると、俺に尻尾を振ってた。
そろそろオカンも俺も仕事に出かけるっていう時だった。

寝ながら尻尾振るのって珍しかったから
嬉しくなって近寄ると大量の血を吐いた。
ああもう、その時が今日なのか、って悟ったよ。
でもその時の俺は尋常じゃなく動揺してた。

オカンと仕事休んで病院に連れてったけど、
獣医は薬を投与してから様子みてくださいという感じで
ひとまず家に連れて帰った。
大丈夫そう、なのか?って思った。

連れて帰ってから何故か元気でさ、自分で歩こうって必死だった。
少し横にさせてオカンと見つめてると、また尻尾を振り出したんだ。
俺らは笑顔になった。病院での薬が効いたんだって、
調子よくなって嬉しいのかと思った。

だけど、急に痙攣しだしてあわててまた病院に連れてこうとしたけど、
連れてく途中の車で俺の腕の中天国に行った。
ずっと名前呼び続けたけど、俺はもう流れる景色を呆然と見てた。
涙って勝手にこんなに流れるんだとか思いながら。

病院につれてって、獣医が死んだのを確認すると
オカンはずっとあいつの亡骸を抱きしめながら泣いて、
○○ちゃん、○○ちゃんって言いながらその場から動かなかった。
自分の子供が死んだみたいだったよ。

家に亡骸と一緒に帰ってきてから、遠くに住んでる兄貴に電話した。
兄貴と俺とオカンで三人で泣きじゃくった。

火葬まで2日間、俺も家にいたけど保冷剤をあててやるのが辛かったよ。
本当に眠っているようだったし、幻聴か何か、
時々寝息が聞こえた気がしたから、こいつ死んでねんじゃねえかと。

でも俺が最後まであいつにしてやれることはすべてやりたかった。
一人であいつの亡骸を抱えて、これまでないくらい大声だして号泣した。

火葬が終わってから、オカンはただ地べたに座ってあいつの骨壷を
見つめることが多かったから、心配になったけど
ふと、あいつの最後を思い出してオカンと話した。

「あいつ、きっと俺たちに笑っててほしかったんだろ。」

もし、あいつの幸せは俺たちの幸せにあるんだったら、
俺は世界一幸せになってみせるって、その時誓った。

今は家族みんな元気だよ。
玄関に飾られたあいつの写真には
気持ち悪いぐらい、チューの跡がついてるよ。



ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
ハンス ウィルヘルム
評論社
売り上げランキング: 3,115
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/5432-3a91184c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20