泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

【僕らの音楽】
ナオトインティライミ(32歳)×永六輔(79歳)対談より

ナオトインティライミ
もう8年ぐらい前、僕が1年半一人旅でバックパックをして世界一周していて。8ヶ月目くらいにブラジルにいたとき、そこで(偶然)永六輔さんが講演をやられてるということを聞いて半ば強引に楽屋にいってお会いさせていただいたんです。覚えてらっしゃいますか?

永六輔
今日ここで会えるってことを待ちに待っていたのは
ブラジルにいたとき、とても印象深かったからです。
よく覚えています。

ナオトインティライミ
「上を向いて歩こう」(1961年)のオリジナルは永さんはどのような想いで作詞されたんですか

永六輔
これはめったに言えない話なんですが、中村八大さんっていう人とたくさん歌を作りました。八大さんがジャズのピアニストでアドリブの名手なんですね。で、学校の先輩ですから。「永くんちょっと来い!」って行くとピアノを弾き始めるの。「今日は歩く歌を作りたい」ピアノ弾きながら「ちょっとセンチメンタルで寂しい気持ちで歩きたい。そういう言葉を入れてくれ」ってそうやって作ってるの。作詞があって作曲家が曲をつけたんじゃないの。だから中村八大の歌はナチュラルっていうか、作為が少ないの。一緒に作った「こんにちは赤ちゃん」でもなんでも全部そうです。

ナオトインティライミ
ブラジルで永さんにお会いする半年前に中東のパレスチナでアラファト議長の前で平和の歌を歌いたいってことで、日本で一番代表的な曲であり、歌詞を見ても平和っていうものと凄くリンクしている歌詞だなと思っていて、それをパレスチナとイスラエルの戦禍の中にいる皆さんに届けたいと思って、この歌を歌ったんですけど、アラファト議長の前で歌ったそのときの感じを思い起こしながら、大変僭越ではありますが永さんの前でちょっと一節歌わせてもらってもよろしいでしょうか?

永六輔
こちらがお願いしたいくらいです

ナオトインティライミ
♪上を向いて歩こう涙がこぼれないように
思い出す春の日一人ぼっちの夜
幸せは雲の上に幸せは空の上に
上を向いて歩こう涙がこぼれないように
泣きながら歩く一人ぼっちの夜♪

永六輔
あなたがね、歌う前にいった一言・・・(嗚咽しながら)「あなたの、、前で、、歌いたい」って・・・・平和に対する想いがね・・・・・
あれ60年安保の真っ最中だった。毎日デモ行ってたんです。当時の学生たちにとってはアラファトっていうひとはヒーローですよ。知らないでいったんだと思うけど・・・
ありがとう。
僕はもう80歳です。20代のときにこの歌を作った。その前に作った歌が「黒い花びら」。やっぱり安保闘争で亡くなった樺 美智子さんのイメージなんです。誰にも言わないし、八大さんにも言わなかったけど、(アラファトの前で平和の想いを歌うナオトと僕は)前に繋がっていました。ブラジルであえてよかった。

ナオトインティライミ
(無言で目をうるませて、永六輔の手を握りしめる)

永六輔
ごめん、ごめん。年をとると涙っぽくなってダメだ。

ただね、最近東北の震災があって、震災の後で何かっていうとこの歌が出てくるんですね。どう思いますかってよく言われたりするんだけど、あの歌は励ましてなんていない歌なんですよ。あの歌は泣くのを我慢する歌なんです。小さな男の子が泣きそうになるけど泣かないで歯を食いしばって我慢してる顔が好きなの。そのイメージなんですよ。だから地震があって津波が来てこの歌を歌って励ましあってっていうんじゃないんです。よく歌い手さんの中で「自分の歌で励ましたい・・」とかあなたも言ってる?

ナオトインティライミ
そんなには言わないですね

永六輔
言わないほうがいい。あれは傲慢です。
「自分の歌で元気を出してください」とか「そのために歌います」っていう風に歌っている人が東北に多いんですよ。それは、聴いている側が言うこと。今、僕はあなたの歌で助かったからね。「ありがとう」っていうのはこういうときに言うもんだなと思いました。

フジテレビ「僕らの音楽」2012.5.25


風歌キャラバン(初回限定盤)(DVD付)
ナオト・インティライミ
ユニバーサル・シグマ (2012-04-18)
売り上げランキング: 185
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/5558-56c8eb5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20