泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

ウディ・アレンの映画術

夢を見させてくれる、映画だなと。
パリの美しさ、街の息づかい、まずは観光気分から浸れて、
そこからノスタルジーの世界へ。

傑作「カイロの紫のバラ」の男版とでもいっていいのかな。
「カイロ」ほどに切なく哀しくはないけど
より現実的に、よりコメディで、より楽しく、
ウィットに飛んで、ほろ苦く、それでいて気持ちがいい。

音楽も軽快でテンポもよく、あっという間に見終えて
ウディアレンの近年の映画では、最も面白い(評価が高いん)
じゃないかな。今年のアカデミー脚本賞受賞してますし。

物書きの主人公が婚約者(家族)とパリにきたものの
彼女といまいちうまくいかず、深夜一人でふらふらしてるうちに
なぜかパリ黄金時代1920年代にタイムスリップしちゃう。

そこには、ヘミングウェイやピカソなどそうそうたる人物がいて、
一緒に酒を飲んだり、自分の小説を見てもらったりしてるうちに
ある女性と恋に落ちてしまう・・・。
って感じで進んでいきます。

ジャックフィニィの「ふりだしに戻る」てきな話でもあり、
終盤、皮肉な展開から結構グワシと心を揺さぶられます。

最後は、もう一ひねり、もうちょっと波乱起こしてドタバタして
欲しい気もしたけど、よく考えられているし、
空想の世界に浸れて存分に映画の醍醐味を感じられました。


んーもーねー。
こういう映画、好きだー♪
なによりも雰囲気がいいんだよね。

たとえばレイトショーで一人で見た帰り、
深夜、銀座の夜の雨の道をとぼとぼと歩いて
もの思いにふけるのにちょうどいい?映画です(笑)


カイロの紫のバラ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-05-23)
売り上げランキング: 1099

ウディ・アレンの映画術
エリック ラックス
清流出版
売り上げランキング: 255636


ウディ・アレン コレクションBOX [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005-06-24)
売り上げランキング: 25473
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/5560-4c699b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20