泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

美輪明宏 ベストセレクション

NHK朝ドラ『花子とアン』の特番
「SWITCHインタビュー 達人たち 美輪明宏×中園ミホ」から

<温かい語り口のナレーションについて>

美輪
生きとし生けるものは全て愛おしいんですよね。
悪いものは悪いなりに。理由があるんです。
富やお金が欲しいから。
なぜお金が欲しいのか?
貧しいからとか、とにかくいろんな理由があって
それで十重二重に後ろにいろんな理由があるんですよね。
だから登場人物の、朝市も武もみんなね
いとおしいから。
ナレーションの底に、愛情というものがね、
ふつふつとずーと人類愛みたいなものが流れた方が
とにかく膨らむんじゃないかしらと思ってね。
うんとクールな語り口を一切やめたんです(美輪明宏)

中園
軍隊に行くときのナレーションも温かいなと思いました。

”そして季節は巡り
 いよいよ吉太郎の入営の日が
 やって来ました"(美輪のナレーション)


すごく温かい語り。
こういうふうにおっしゃるんだなって。
あそこはちょっと意外なくらいだったんです。
もっと厳しい声でおしゃるかなとおもったら
何て言うか母性に満ちたような声だったので(中園ミホ)

美輪
あのね。
うちのボーイさんが出征兵士で(戦場に)行ったんですよ。
汽車が出る寸前にタラップにたって、こういうふうに
(手をビシッと額につけ敬礼を)して
皆さんに挨拶してたんです。
そしたら 後ろで小さくなってね
遠慮深い田舎のお母さんが来てて
列車が出る寸前になったら
あのお母さん どこに力があったかしらと思う
こんな小さな方が 私たちをバァ~ってどかして
そして息子のさんちゃんの足にしがみついて
「死ぬなよ!どげんことがあっても生きて帰って来いよ!」
いったんですよ
そうしたら憲兵が何人かいましてね
「貴様!」って言ってお母さんのえり首をつかんで
バァって投げ飛ばして「国賊!」って言ったんですよ
「なぜ軍国の母が立派に死んで来いと言わんのだ!」と
言ったんですよ
お母さん・・振り返ったら鉄柱に額をぶつけて
血がダラダラ流れてらして。
そして 私 さんちゃんの顔をふっと見たらね
もの凄い目でしたね。あれ。
一生忘れませんけどね。ほんとに。
そして、さんちゃんはその後戦死したんです
最後に見た母親の顔が、憲兵にどなられて
突き飛ばされて血だらけになった母親の姿なんて
あんまりかわいそうすぎるじゃありませんか
わたくしは、あれはもう一生頭の中に焼きついてね・・
(泣きながら)
その後、お兄さんがね、
私たちの父親のところへね、
さん公が、立派にやりましたっていってね、
白木の箱に入った遺骨を見せに来てくだすったんです
それや何かがが全部よみがえってくるんですよ
ですから 私 吉太郎が 出征していきますでしょ
さんちゃんも目が綺麗でハンサムだったんですよ
それが重なってたんですよ
だから、ここは泣かないようにしなきゃと思って。
あぁいう時代のあの人たちを知ってますんでね
やはりあの、その時代に見たものが全部重なるんですね
ですからね、それひとつひとつがね
自分の思い出として見ながら
ナレーションさせていただいたんです(美輪明宏)

2014.9.13 NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人たち」

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 DVD-BOX -1
アミューズソフトエンタテインメント (2014-09-24)
売り上げランキング: 4,282

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 DVD-BOX-2
アミューズソフトエンタテインメント (2014-11-26)
売り上げランキング: 6,626

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 DVD-BOX -3
アミューズソフトエンタテインメント (2015-01-28)
売り上げランキング: 21,922


美輪明宏が泣きながら原爆体験を語る(動画あり)

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6479-70f4f8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20