泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

fury.jpg

なんか。
一連の潜水艦系の傑作映画に似た感じの
作品に出会えた感じ。
潜水艦が戦車になってるみたいな。
わりとトラディショナルな戦争映画だった。

いや。
戦争映画というより、男臭い戦場を舞台に
ものすごい緊張下で繰り広げられる、
人間愛の物語、かな。

見ていてず~っと思ったのは。
当たり前だけど、やっぱ戦争ってダメだよって。
戦争は殺し合いなんだ。
国を守るためとか勇ましいこと言って、
どんだけの人の心を踏みにじるんだよ。
戦争を始めたら、人間が人間じゃなくなる。
始まったら終わりなんだよ。

てか。
英雄ってなんだ?
この映画を見てもそう思うけど、
戦争で英雄になった人への賞賛は
もうやめて欲しい。
いくら弔っても、しすぎることはないけど、
戦争に参加した人を賞賛するのはやめてほしい。
戦争を起こさなかった、
阻止した人こそが英雄なんだよって、
そう思うよ。

とにかく、この映画は、
・オールド(先輩)とルーキー(新人)ものの成長物語でもあり、
・閉鎖された場所でのスリリングな密室劇のような人間ドラマでもあり、
・戦場での追いつめられ系の迫力あるパニック映画でもある。
なかなかの男系の骨太映画。
映画館の観客も力の入ったむさい男だらけだったよ。(笑)

主演のブラットピットは、戦車を拠り所にする完璧な指揮官で、
そして、そこに集う集団のチームの絶対的君主なんだけど
若干鼻についた。かっこよすぎる。

確かに戦場で、そういう人もいたはずだけど、
映像にすると、ブラッドピットがそれ(カッコイイ役)を
やりたいっていう感じがでちゃってる。

で、最終的に感じたのは、これは
実は”戦車”からみた人間たちを描いた映画。
戦車視線でみた戦争映画だったんじゃないかな。
愚かな人間たちのね。
戦車が「なにやってんだよ、お前ら」って。
そういっている映画だったような気がしたよ。
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6521-d2cfd143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20