泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

ライムスター宇多丸が語る
ムービーウォッチメン48本のなかから選んだベスト映画

1位 ガーディアンズオブギャラクシー
⇒今年この映画のことを考えた時間、関連グッズを買った金額、
全てを考えてこの映画しかないです。「フー!!!」
ラストのアイウォンチューバックのいっこ前にかかる音楽!
見て単純に「楽しい~」と初めて映画を好きになった頃の
気持ちに戻らせてくれた。
(わたくしの感想はこちら)

2位 ネブラスカ
⇒わたし(宇多丸)がどれだけこの監督が好きか!
アレクサンダーペインの最高傑作。実は評してるとき泣いてるんですよ

3位 ウルフオブウォールストリート
⇒生涯作品で「グッドフェローズ」以来のまってましたギャング作品。
ディカプリオの渾身のミスタービーン演技とマコノヒーの「ん~ん~」がいい!
(わたくしの感想はこちら)

4位 アクトオブキリング
⇒インドネシアの虐殺者がドキュメンタリーとして自身を演じさせる。
強烈な作品でした。

5位 そこのみにて光輝く
⇒邦画ではダントツで感銘を受けた。モントリオールで最高賞。
なにが素晴らしいかというと、メインの三人の佇まい。貧困層の底辺描写。
音楽、撮影も素晴らしい。
(わたくしの感想はこちら)

6位 her
⇒映画としての計算しつくしたLOOKもすばらしい
SF的の描き方もいいし、普遍的な他者との付き合い方をも描いていて
思い出すたびに考えさせられる ベスト衣装賞も与えたい
(わたくしの感想はこちら)

7位 6才のボクが、大人になるまで。
⇒リチャード監督の最高の映画 桁違いの素晴らしい映画
(宇多丸の)母親からみたと手紙があり「出ていた人がちゃんと生きていましたね」と。

8位 レゴムービー
⇒レゴでとったらこういう映画になるしかない最高の映画!

9位 イコライザー
⇒好きなんですとしかいいようがない。とにかくデンゼルが素晴らしい。
最高の男。ドアばたんばたんばたん、が最高!

10位 WOOD JOB!
⇒矢口監督の作品の中でもバランスよく好きな映画。よく出来た映画。
伊藤英明史上最高の英明映画。


ワーストは、「サンブンノイチ」
品川監督の作品。褒めてる部分もある。突き放した終わりなんかはよい。
途中であったセリフ、余計なひとことが薄い、浅い。間違いない。
最近、大物の酷い映画はあんまりない。ルパン三世とか・・・
(わたくしの感想はこちら)

べストサントラ賞「そこのみにて光輝く」
ベストガイ男優賞「イコライザー」のロバートマッコール(デンゼルワシントン)
ベストガール女優賞「そこのみにて光輝く」池脇千鶴
ベストシーン「ゴジラ」のハワイ上陸シークエンス
(わたくしの感想はこちら)
ベストクライマックス「クレヨンしんちゃんロボトーチャン」
(わたくしの感想はこちら)
筆舌に尽くせない狂ったラスト
ベストエンディング「小さいおうち」
山田洋次監督の仲でもベスト級 毒ッ毛がありとげが残る
最高の悪役「インターステラー」のあいつ
(わたくしの感想はこちら)
自己正当化をやめない、いらいらする、ねたばれしないように名を伏せます。
(クレジットにもでてない有名な人ね)
ベストカップル賞「新しき世界」のあの二人
最高のBL映画、私の(宇多丸の)奥さんは100回以上みてます
新人賞「TOKYOTRIBE」のヤングダイス
(わたくしの感想はこちら)

シネマ流行語大賞「エッドわーd-と」猿の惑星のシーザーさんの言葉
ベスト殺した後捨てセリフ賞「ごめん」(「イコライザー」のロバートマッコールさん)

NEWSの加藤さんのベスト5
1位 FORMA フォルマ
ベルリン国際映画祭 FORMA 批評家 連盟賞 坂本あゆみ監督
2位 ジャージーボーイズ
(わたくしの感想はこちら)
3位 アデル、ブルーは熱い色
(わたくしの感想はこちら)
4位 複製された男
5位 ダラスバイヤーズクラブ

2014.12.13 TBSラジオ ウィークエンドシャッフルより


"ここから2014.12.29 追記" 

~宇多丸氏 ゴーンガール評~
ストーリー、脚本、演技、演出、撮影、編集、音楽に至るまで、全てが現行世界トップレベル、圧倒的な大人向けエンターテインメントの最高峰。最高レベルの評価をしたいと思います。大事なのは誰が見ても無類に面白い映画になっていて、それでいて最後に突きつけてくるものの鋭さ、重さ。見終わった後も思考を促されつづける。安心はできない、ずーと考え続けるんです。登場人物と内容を。そして誰かと話し合いたくなる。エンターテインメントとして間口が広いんですけど、非常に奥も深い。わたくし個人的には、デビットフィンチャー監督のなかでは、ファイトクラブは凄すぎて別格なんで別として、「ソーシャルネットワーク」が一番ベストだったんですけど、それをも凌駕する凄い映画になりました。この映画、2014年シネマランキングで、弟三位!にブッコませて頂きます!まぎれもなく凄まじい傑作です(宇多丸)

ということで、ゴーンガールは弟三位にランクイン!
ウルフオブウォールストリートが4位にランクダウンです♪
わたくしのゴーンガールの感想はこちら。

2014.12.27 TBSラジオ ウィークエンドシャッフルより


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6537-94b5a0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20