泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

tuji.jpg

不屈

以下リテラ
「中山美穂に捨てられた辻仁成が息子のためにつくる愛情料理がスゴい!」より抜粋
(リテラ 2014.11.14.)

世間を賑わせた中山美穂との離婚劇では、「中性化キモい」「ナルシスト」と非難を浴びた作家・ミュージシャンの辻仁成が、いま、にわかに注目を集めている。熱視線が向けられているのは、今度はロン毛の容姿ではなく、腕。小説でも歌でもなく、料理の腕前だ。

辻は「女性自身」に料理コラムを連載。タイトルも、ずばり「辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯」だ。

「希望回復大作戦」とは、中山美穂を同じ音楽家の渋谷慶一郎に奪われた心境を見事に表しているが、この連載を読めば、辻への見る目もきっと変わるはずである。というのもこの連載、料理のレシピとともに辻と息子のふれあいが綴られており、それがじつに微笑ましく、温かいのだ。

たとえば、息子の学校の会合や説明会について、「心細い」と弱音を吐く辻。過去には歌番組などで横柄な態度をとってきた、あの辻がである。

というのも、フランスのマダムたちにとって、ひとり混じった“ロン毛の日本人パパ”は格好の見世物。「みんな、チラチラッと私メの顔を盗み見るわけです」という。それでも辻は辞書片手に、校長の話を理解しようと必死。もちろん、すべては息子のためだ。辻は、その決意をこんなふうに述べている。

「シングルファザーなんて似合わない私メですが、彼が高校を卒業するまでは命がけで頑張らないとなりません。ええ、その通りでございます」

  
しかし、がんばってもどうにもならないこともある。それは、息子を学校に迎えに行った日のこと。学校の先生から辻は、「今日、彼は一日泣いていました。お母さんにたまに会えるといいですね」という報告を受けた。このことに辻は「私メ、びっくりしました」という。

息子は学校に行く前も元気で、家に帰ってもケロっとしているからだ。そこで、「一日中、泣いていた? 何があった?」と質問する辻。すると、息子はこう話しはじめたという。

「あのね、下の学年の子たちがね、自分のママの自慢話をしたんだよ。それを聞いているうちに思い出してしまったの。そしたら、涙が止まらなくなった」

ふだんは「ママには会いたくない」と言っている息子が、その心のうちには寂しい思いを抱えている。──他人が聞いても胸が押しつぶされそうになる言葉だが、シングルファザーたる辻には、さぞかし堪らない話だったろう。

そのとき、辻は息子に向かって、「泣いていいんだよ。泣きたいときはうんと泣きなさい」と語りかけた。そして息子は、こんな質問をし返したという。「パパはどうして泣かないの?」。辻の回答は、こうだ。

「だって、パパが泣いたら、みんな悲しくなっちゃうだろ? パパはどんなときも、微笑んでいなきゃ」

辻はとにかく懸命だ。たとえば、息子が友だちを自宅に招いても、そんなときは子どもたちが喜ぶようにと、辻は手巻き寿司を披露。……こうした辻のがんばりは、息子にも届いているのだろう。

というのも、2人でドイツ旅行に出かけた際、息子は「ヨーロッパのために働きたい。建築家にもなりたい。ホテルの受付でも働いてみたい。市電の運転手さんにもなりたい」とたくさんの夢を語るのだが、最後に「でも、いちばん、なりたいのは世界一優しいお父さんになることかな」と話すのだ。

ときには、辻と一緒に登校したいがために学校の「通行テスト」(フランスにはこんなものがあるらしい)をわざと落第してくる息子。そんな息子へのいとおしい気持ちは、文章にもよく表れている。

「私は息子が大きくなるのが嬉しくてしょうがありません。彼が成長していく手助けをしているわけです。手塩にかけて育てているという実感があります。これは幸せなことです」

「息子の笑顔が明日の父親の糧になる」──。だからこそ辻は、「おふくろの味」ならぬ「おやじの味」を日々つくる。
 

このエッセイ連載、はっきり言って辻がこれまで書いてきたどの小説よりも、ぐっとくる。そう。息子こそが、作家・辻仁成の隠れた魅力を引き出したのだ。
(水井多賀子)


リテラ 2014.11.14.より



そこに僕はいた (新潮文庫)
辻 仁成
新潮社
売り上げランキング: 108,701
↑このエッセイは面白いです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6602-1c3a5471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20