泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

クッソ。
チクショウ!
またしても園子温にやられちまった

ラスト30分くらいまで
「園子温もこういう失敗作つくっちゃうよね」
「いつもへんてこりんな映画ばっかり撮ってるけど、
今回は、とりわけ、へんてこりんだな」
「寓話としてトイストーリー3より深いかも」
くらいの感想だった・・・

主人公の想いがかなうたびに、それを願って大きくなるカメ。
捨てられた人形たちが集う場所で、その願いを叶えようとする爺。
その世界観が微妙。
だけれども、だけども、
だんだんとんでもない展開になって、
カメの暴走、爺の役割、主人公の夢、、、
すべてが重なり合って、園子温のリグレットと、
わたくし自らの想いとシンクロしてしまって
感動の、号泣エンディング(個人的にですが)に集結していくのです。

びっくりした。鳥肌がたった。
あのクライマックス。
RCサクセションのスローバラードのイントロで、はからずも嗚咽。
エンドロールで気がついたら涙が止まらない。

「スローバラード」は自分にとってもやっぱ特別な歌。
初めて行ったコンサートがRCだし。
キヨシローの反原発の想いも、現実となった大事故も。
ぐるぐると自分史になぞられて。

スローバラードは、聴くだけで泣けちゃう歌なのに
それ反則だろ!って。
それをあそこで意味なく流したらあざとすぎる。
物語と関係ないのに、ふざけんなっておもってたら。
その詩の一部に物語がリンクして。
クッソ、やられた!

・・・主人公が泣きながら街をさまよう。
あのころ自分は何がしたかったんだ?
何が望みだった?
6畳の部屋でひとりどんな夢をみたんだ?
なにに怒っていたんだ?
それでなにを失った?
・・って想った瞬間、
一瞬にして、胸が苦しくなった。
この映画が、子供向けのドタバタ映画から、
とたんに哲学的な映画になってしまった。
浅薄な映画だと思ってたら、なんちゅう深い映画なんだと。

前半戦のぐだぐだな演出なんてどうでもよくなる。
何千と映画を見てきたのに、
わけわかんない涙がとまらないという。

脱帽であります。
やっぱ園子温監督、すげえよ。
そしてなんか沸々と反骨心というか、
不思議と、やる気が出てきた。

だから映画は面白い。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6700-0961ba39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20