泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

今公開中の原田監督番でなく、1967年の岡本喜八監督版です
8月15日にBSでやっていたので、それを録画してみました。
昔懐かしい感じの棒読みナレーションが
リアルな出来事として心にせまってきます。

というか、ちょっとした衝撃でした。
終戦の前日、皇居であんなことあったのか!
そういう事実を今の今まで知らなかったって
自分のまぬけさに逆にあきれる。
でも学校でおそわってないだよね。
8月15日、ポツダム宣言受諾。としか。
それだけだよ。その後も問題意識全くなかった。
だけど、あの時、怖ろしいことが起こっていた。

(歴史的にみても)軍の暴走は簡単におこる
軍人が力を持ちすぎることの怖さ、
国を守るということで威張る人たちのバカらしさ、
そして自死することのくだらなさに、
見ていて、怒りというか震えがきた。

あたりまえだけど、
だから戦争はしちゃいけない。
始めてはいけない。
その最大限の努力をするひとたちが政治家だ。

それなのに、今の日本は
まさに戦争を始められる準備をし始めている。
それに乗じて軍部の力が増そうとしている。
一歩づつ戦争に近づいている。


映画は、三船敏郎の鬼気迫る演技と
その他、黒沢年男などの名演がすごかった。
出演者がかぶっているからだけではなく
どこか「七人の侍」想起させるエンターテインメントでもありました。
後半はホント一気に見入ってしまった。
これで原田監督版を見るのが楽しみになってきました。

セリフが聞き取りにくい場面もあったけど、
1967年度版、「日本のいちばん長い日」
見とく価値、充分あり。
むしろ、この時世だからこそ、見ることをオススメします。

日本のいちばん長い日 [東宝DVD名作セレクション]
東宝 (2015-05-20)
売り上げランキング: 113
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6721-37438d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20