泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

実話に基づく問題作。
デュポン財閥の御曹司が、レスリングにはまり、
結果とんでもないことになっちゃう話し。
実際こんなことあったんかんかいな、ビックリです(またも)

映画は淡々と進んでいきますが、
全編そこはかとない狂気が流れていく
そこが怖い。
40歳の童貞男・スティーヴ・カレルが
その絶妙な狂気を演じています。
あの演技は、凄いとしかいいようがない。
この不気味さは必見。

ただの狂気の物語だけでなく、
兄弟間の問題、アメリカ社会の問題、
師弟関係、親子の問題。。。
いろいろ考えさせられる映画だった。
もの哀しさが残る映画でもありました。

アカデミー賞5部門ノミネート、
そしてカンヌ映画祭監督賞受賞の骨太の
ミステリ風サスペンス映画です。


フォックスキャッチャー [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 (2015-09-04)
売り上げランキング: 16,863
【ストーリー】
1984年ロス五輪金メダルのレスリング選手、マークシュルツに大財閥デュポンの御曹司ジョン・デュポンから、自ら率いるレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”で、ソウル五輪での世界制覇をめざそうと誘いが来る。マークは破格の年俸で契約を結び、広大な所有地に建造した最先端の施設でトレーニングを開始する。しかしデュポンの度重なる突飛な言動、マークの精神的な混乱がエスカレートするにつれ、ふたりの主従関係はじわじわと崩壊。ついにはマークの兄で、同じく金メダリストのデイヴを巻き込み、取り返しのつかない悲劇へと突き進んでいくのだった……。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/6825-261e0849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20