泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

人が人を疑い拷問の果てに追いつめていく
たとえば、かつての日本が軍国主義であったとき、
たとえば、アメリカの赤狩りの時代、
たとえば、ナチス、たとえば、魔女狩り

密告社会、監視社会の恐ろしさ
罪のないものを罪のあるようにしたてあげていく
「中世の魔女狩り」が、「平和警察」によって現実となった世界
そういう社会になったら・・・


伊坂幸太郎の作品の面白さは
さまざまにちりばめられたた、小さい伏線が、
最後に結集して、そのミステリが紡ぎ出されていくところ。
そしてその肝になるのが反骨精神、反体制である

読んでいて、気分が悪くなるくらいむかむかして
読むのを何度も中断しつつ
豪快な結末まで、読み続けました。

一見コミカルで読みやすく
エンターテインメント性の高いミステリのようだけど
じわじわと自分たちに降りかかっているような
生々しい小説でもありました。
これも映画化したら面白そうです♪


火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社
売り上げランキング: 92,907
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/06/23(金) 07:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7048-70495443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20