泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

2014年にゴーストライター騒動で日本中の注目を集めた
佐村河内守をとらえたドキュメンタリー。

最初にいっておきますが
これは、相当な傑作ですよ。
裏の裏まで見ようとすると、
自分に跳ね返ってくるから危険な映画でもある。
そして大感動映画でもあるんです。

素直に見て、泣けますよ。
で、
それでいい、それでいいはずだけど。。と、
考えさせられちゃう。
だから”相当な”傑作なんです。

”あの”ドキュメンタリー映画監督の森達也が
佐村河内の自宅にのりこんで密着して
本当のところをさぐろうとするんです。
でも、な~んか佐村河内が全部嘘っぽくって
笑えるんだよね。

あやしい(笑)

ところがクライマックスとんでもない
サプライズがあって心揺さぶられるんです。
普通に見てそれでいい映画なんだけど。。

”あの”「ドキュメンタリーは嘘をつく」をとった
森達也なんで、一筋縄にいかせてくれない。

ネコの存在、バラエティの在り方、嘘の効能、マスコミの功罪、
信頼の意味、妻は”本当は”どう思ってるか・妻の真の役割は?、
誰が誰を裏切ったのか、電車の音、指の怪我、部屋の明かり、etc...
考え始めると、この映画、深いです。
そして人によって見方も変わるでしょうね。
って考えると深すぎる!
やっぱり、”相当な”傑作なのであります。


【映画の内容】聴覚に障害を抱えながら、壮大な交響曲を作曲し、「現代のベートーベン」と称された佐村河内。しかし音楽家の新垣隆が18年間にわたってゴーストライターを務めていたことや、佐村河内の耳が聞こえていることを暴露。佐村河内は自身だけの作曲でないことを認め騒動について謝罪、その後は沈黙を守り続けてきた。本作では佐村河内の自宅で撮影を行ない、その素顔に迫るとともに、取材を申し込みに来るメディア関係者や外国人ジャーナリストらの姿も映し出す。


FAKE ディレクターズ・カット版 [DVD]
Happinet (2017-03-02)
売り上げランキング: 1,848
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7083-fc3cf176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20