泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

本年度アカデミー賞大本命、ララランドみてきました
最後にグワシと胸をつかまれましたね
きゅっときた
ちょっと泣いたよ
やられました
観ていていろんな映画を思い出しました
天国からきたチャンピオンとか追憶とかね
その他、カイロの紫のバラとかマルホランドドライブとか
もちろんカサブランカやニューヨークニューヨークも

まずは予想どうり
ファンタジーであり、往年のミュージカルを下敷きにした
ラブストーリーであり、甘あまなデートムービーであると。
一人で見ていてこりゃ、カップルばっかりの中で
がっつり恋愛映画で、ちょっとやばいなと思っていたら。
あの「アーティスト」のようなハッピーな映画だと思っていたら。
実はそうではなかった。
これ、映画好きのオッサンが一人で見ても楽しめる、
決して単なるカップル向けのデートムービーではないぞと。

名作ミュージカルや70年代の映画にも結構あるけど
何も考えずすっきり楽しく見終える映画というだけじゃなく
深くていい余韻が続く、大人の恋愛映画だったんだね。

傑作なのは、疑いようがない。
デミアン・チャゼル監督、どんだけ有能なんだと。
音楽をつかった夢のような一大恋愛映画。
あの展開、あの脚本、あの演出、
普通ちょっと考えられないよ。

俳優も凄い。
3ヶ月の特訓でプロのようにピアノを弾けるようになった
ライアンゴズリング。
微妙に音程を狂わせながらもかすれた美声が
どうにも魅力的なエマストーン。

でもでも。
これは現実的なよくある男と女のお話。
誰でもが胸にしまってひっかかってしまってる恋愛。
それを見事に映画にしていた。

観るものそれぞれが、さまざまな要素に食いつける
極上のエンタメ映画です。
これは、まさしく必見、なのであります♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7159-59bebc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20