泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

透き通るような美しい映像なのに
嫌な予感しかしない。
可憐な音楽が奏でられているのに
不安しか感じられない。
変態監督・岩井俊二監督の真骨頂。

一見すると、純粋な女性が
邪悪な業者の策略に巻き込まれていくような話しだけど、
実はそうじゃない、逆なんだ、と。
そう思えてしまう。
そんな、どろどろした、ド級の闇が隠されていて
見続けるのが怖ろしい。

心の奥にあるタブーを静かに抉り出して
見ているものにも気付かせぬまま、
ぐらぐらと不安定な世界を映像化する。

映画「ラブレター」を見たとき、こんな監督だとは
思いもしなかった。
岩井監督に、どれだけあんた性格歪んでるんだと
問い詰めたい気もしますが(笑)
でもそんな、岩井ワールドは
わたくしにとっては、激しく魅力的で
とてつもなく、興奮する世界なのであります。

ともかくも。
Coccoの狂気にも見える演技(狂気そのもの?)、
黒木華の不気味な演技(どす黒い闇そのもの?)、
そして、あの、りりぃが脱ぎ出しちゃうとか、
もう、怖すぎますよ、この映画。
なんども鳥肌がたって、見るのを中断してしまった。

最後まで見れて漸く心が落ち着きましたが、
まあとにかく凄い作品でした。
見る人が見れば精神的ホラー映画の傑作。
見れば分かるぜ。


リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-09-02)
売り上げランキング: 6,031

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7195-dee2aca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。毎日更新中です♪♪  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20