泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

とにかくねぇ
ヴィゴモーテンセンが魅力的なのよね
あのロードオブザリングのアラゴルン役のイケメンが、
でっぷりのイタリア親父になってるんです
典型的なイタリアの家族の雰囲気
人情溢れる世界が下地にあって
お金に困った愛すべき強面のおっさんを演じてる
そのヴィゴがいい!

時代は1960年代前半のアメリカ
金持で天才の黒人ピアニストを、
ヴィゴ演じるイタリアのおっさんが
差別で危険な米南部のツアーに連れて行く
ドライバーとして、用心棒として同行する
その珍道中を描く、実話を基にしたロードムーービー

黒人のピアニストの演技も見事。
彼はにピアノ弾けなかったそうですよ
あそこまで巧くなれるのか・・
それだけでなく、表情の演技、雰囲気、
カンペキでしょう。

日本人の自分には分からないだろうさまざまな
アメリカ文化のこねたが満載で、そこもまた
想像たくましくにやにやできる。

あ、
これアカデミー作品賞とったんだよね
こういう小品ともいえる映画が受賞した意味
いまのアメリカ、差別が消えない社会

我慢しようとすればできるけど
それっておかしいだろう?という、いや~なヘイト世界
いやがらせ、差別、偏見・・・

一緒に暮らしてみたらわかる
そんなの馬鹿らしいって
相手を見下したりすることの無意味さ
優位に立とうとするのは
実は自分の劣等感だったりもする

そしてね、我をすてよう
自分から、一歩踏み出そうって
そういう勇気を得られる映画でもあった

ずっとうるうるしながらみた
そして笑いながらみることができた
ハッピーになれる映画だよ

あ、これ
クリスマスにみることもいいかもね
うん♪



『グリーンブック』(Green Book)は、ジャマイカ系アメリカ人のクラシックおよびジャズピアニストであるドン"ドクター"シャーリーと、シャーリーの運転手兼ボディガードを務めたイタリア系アメリカ人の警備員トニー・ヴァレロンガによって1962年に実際に行われた、アメリカ最南部を回るコンサートツアーにインスパイアされた2018年のアメリカの伝記コメディ映画。監督はピーター・ファレリー。主演はヴィゴ・モーテンセン。共演はマハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニら。第91回アカデミー賞では作品賞など三部門で受賞した。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7479-2d523e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20