泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

この映画はウォータゲート事件がおこる
起因となった事件を描く。
政治権力VSマスコミ。
その事件がなんだか分からなくても面白い。
スピルバーグの手腕。

翻ってみて
わが国でもいま行なわれている
権力がマスコミを封じている出来事
それが1960年代のアメリカでも
行なわれている
それはいつの時代もあるのでしょう
それが名匠監督によって分かりやすく
ちょっとハラハラさせながら描かれている

スピルバーグは往年の斬新キレキレ
という演出ではなく、安定した職人芸のような
感じといっていいかな。
普通の社会派の佳作でありました♪


ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書 [AmazonDVDコレクション]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2019-04-10)
売り上げランキング: 557

本年度アカデミー賞(R)<作品賞/主演女優賞>ノミネート!
スティーブン・スピルバーグ監督が、今、伝えたい真実

スティーブン・スピルバーク監督が現代に伝えたい強烈なメッセージ!
話題作が尽きないスティーブン・スピルバーグ監督が、「今、撮るべき作品」として
撮影中の他の作品を差し置いてメガホンを取った渾身作!

メリル・ストリープ×トム・ハンクス! 2大オスカー俳優が奇跡の初競演!
ワシントン・ポストの女性経営者キャサリン・グラハムと、ワシントン・ポスト編集主幹ベン・ブラッドリーの、
上司・部下の関係を超えて描かれる熱い絆や葛藤を、臨場感あふれる熱演で再現!

本年度アカデミー賞(R)ノミネートの話題作!
脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガー、
音楽は巨匠ジョン・ウィリアムズ! 本年度のアカデミー賞<作品賞/主演女優賞>、
ゴールデン・グローブ賞<作品賞/監督賞/主演男優賞/主演女優賞/脚本賞/作曲賞>にノミネート!

【ストーリー】
なぜ、アメリカ政府は、30年もの間、
それをひた隠しにしなければならなかったのか―─。 

1971年、泥沼化するベトナム戦争。国防総省はベトナム戦争を調査・分析した文書、
通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を作成していたが、ある日、その文書が流出し、
ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。
ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と
編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、残りの文書を入手し、全貌を公表しようと奔走する。
政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/7492-3156240a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20