泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

493 :おさかなくわえた名無しさん :04/12/12 18:30:29

もう10年も前の話。
妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、
私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。

実際私も、妻の面影を追う毎日であった。
寂しさが家中を包み込んでいるようだった。
そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、
実家の母にしばらくきてもらうことになった。

出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。
2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。

そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。
“ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、
園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。
こんなときにそんなプログラムを組むなんて・・・

「まぁ、行くよ♪」 娘だった。
息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。
一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。
隣に座っていた母がこう言った。

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、
正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。
そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、
「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?」
「本当はパパだってとってもさみしいの、」
「だけどパパは泣いたりしないでしょ?」
「それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。」
「だから、だいじょうぶだよね?」
「お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから。」
そう言っていたのよ。

何ということだ。
娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている。
場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。

10年たった今、無性にあの頃のことを思い出し、また涙が出てくる。
来年から上京する娘、おとうさんは君に何かしてあげられたかい?

君に今、どうしても伝えたいことがある。
支えてくれてありがとう。君は最高のママだったよ。
私にとっても、正樹にとっても。
ありがとう。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
泣けました。
自分には、こういう体験は無いけど、娘さんの言葉に「強くなろう。」と純粋に思えました。
2008/07/10(木) 19:21 | URL | #-[ 編集]
仕事中の私を泣かせてどうする。
2008/10/24(金) 10:15 | URL | #-[ 編集]
ぃぃ娘さんだぁ
みづきは中1の13歳やけど、
娘さんみたぃに強くなれる自信ないなぁ
お母さんがおらんくなったら
おかしくなりそうやわ
弟の面倒をみる余裕がないと思う。
いい娘さんと弟さんとあなたをずーっと
応援しています!
そして、娘さんみたいに強くなります。
2010/07/10(土) 18:46 | URL | みづき #-[ 編集]
夏休みです。
涙が止まりません!
2010/07/26(月) 13:07 | URL | 麻夏 #i7I1aTqI[ 編集]
朝からこれ読んでしまって、涙が止まりません(/ _ ; )
最高のママです。
2010/08/02(月) 08:31 | URL | さく #-[ 編集]
中一の竜成です。お姉さんと弟さんを見習いました
私だったら納得できずに泣きましたね
お姉さんの芯の太さ と 弟さんの心の広さに感動しました
2010/08/12(木) 03:16 | URL | 中一 #Qz5k5qmw[ 編集]
うちには中3の娘がいます。
妻がバカでまともに子育てをしていません。俺に家を出て行けといい、感謝や情愛などまったく育っていません。娘は母親を見て育ちます。きっとすばらしい奥さんだったんでしょうね。もう今は取り返しがつきません...思いやり、感謝のない子に何を言っても通じません。そんな娘に育てた妻が憎くて仕方がありません。
2010/12/28(火) 03:20 | URL | ひろ #-[ 編集]
ひろさん。                   そんなふうに奥さんだけのせいにするのは、やめてください。このスレだけ見ると責任を押し付けているようにしか見えない。育てたとありますが、あなたはその時何をしていたんですか?
2011/01/07(金) 02:17 | URL | りりo #-[ 編集]
取り返しがつかないなんて...何をいっても通じないなんて...いわないでください。
私も娘さんと同じくらいなので少し悲しいです。
連続失礼しました•••。
2011/01/11(火) 00:11 | URL | りり。 #-[ 編集]
りりさんコメント有難う御座います。
中3の娘は妻の連れ子で4歳のときに一緒になりました。
夏は海水浴、冬はカニ旅行、春と秋は魚釣りやクルージング、家に帰ったら一緒に宿題をやったり、ゲームをしたり、娘の欲しがる物はほとんど買ってあげました。
自分のものを買うより娘の喜ぶ顔が見たくて。
夕食もよく娘と一緒に作ったりしていました。妻は食事を作るのが嫌いだったようです。
最初は凄く幸せでした。
中1のとき娘が友達にこんなことを言っているのを聞いたことがあります。
もし私の心臓が病気したら、パパは絶対私に心臓をくれるって。
当然、実の父親でないこともわかっていた上です。本当の親子より仲がいい親子でした。
俺がどんなに娘を愛しているか当時娘は解ってくれていたのに。
中2ぐらいからあまり俺と話したがらなくなり中3になった今、お父さんとも思わないし、出て行って欲しいと言いました。
妻に聞くと、私があなたを嫌いになるように育てたからだといいます。
娘の反抗期を利用して、そうさせたようです。
今、家族とはすでに別居しており、近所の僕の家に娘も妻も顔を出したことはありません。もちろん僕が熱で魘されていてもまったく知らん振りです。
妻が何を考えてこのようなことをしたのかまったく解りません。
寂しくて仕方がありません。
娘にもう一度パパって呼んで欲しいです。
妻が憎くいです...
2011/01/28(金) 02:55 | URL | ひろ #nc7rDlOE[ 編集]
ひろさんの奥さんが何故そのように娘さんを育てたのかは分かりませんが、
ひろさんの家族が幸せになることを願います
2011/01/30(日) 01:12 | URL | #-[ 編集]
返事有難う御座います。私も上手く言えませんが、娘さんには昔の仲良かった記憶が少しでも残ってはないのでしょうか?
私はいくら母から強制されたって、心の奥からは嫌いになったりできません、それが大好きだった人でしたら尚更です。娘さんの気持ちは分かりませんが、大好きだった人を心の底から嫌いになることなんてあるのでしょうか?
2011/02/13(日) 07:12 | URL | りり。 #-[ 編集]
めっちゃ泣けました。
家族に感謝して生きていこうと思いました
2011/03/29(火) 17:40 | URL | 侑李 #-[ 編集]


中三です。
最高のママを見て涙が溢れんばかりにでました

母がいる喜び実感しました。
こんなに優しいお姉さんはいないと思いました。
僕がお姉さんだったら一緒に顔をしゅわくちゃにして泣いてると思います。
僕は兄弟で両親は共働きです。
僕達が中三になるまで育ててくれたありがたさ、感謝の気持ちを今感じました。
これからは反抗期もあるとおもいますが精一杯親孝行したいと思います。
クソガキがこんな感想かいてすいません。

2011/04/13(水) 21:07 | URL | #-[ 編集]
すごく感動しました
私は母に起こってばかりで
ろくに感謝したことがありません
でも今はちょっとずつですが

ありがとうと言っています
素直にありがとうと言える日が来るまで頑張りたいです
2011/09/30(金) 16:05 | URL | a #-[ 編集]
中学3年生です。
私は、いつも親にあたり、ひどい言葉ばかり言ってしまいます。そして、言ってしまったひどい言葉を後悔し、謝ることもできないまま、同じことを繰り返してしまいます。両親はいままでたくさんの愛情で私を育ててくれ、受験勉強で嫌になっている時、いつも支えて、見守ってくれました。たくさんの感謝をしっかり伝えなくてはいけないなと思いました。これから、卒業式を迎えます。その際に、両親への手紙を書く機会があります。その手紙の中に、今までの謝罪と感謝を自分の言葉で素直に伝えられたらなと思います。文がぐちゃぐちゃで申し訳ありません。とても感動しました。
2012/03/05(月) 22:56 | URL | saki #-[ 編集]
私も姉なのですが、
こんな風に弟にたいして
優しくしたことがないです。
中3なのにね、、、

あなたも、あなたの奥さんも
とってもいい親だと思います。
2012/03/16(金) 14:24 | URL | #-[ 編集]
夜なんだ。。。泣かさないで!明日は学校なのに~~!!
2012/04/10(火) 22:06 | URL | 目が腫れる #Lf3AU29U[ 編集]
こんにちわ。
面白そうなブログですね。
また寄らせてもらいたいと思います。
2012/04/17(火) 00:44 | URL | kareinosugatani #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/901-88c56fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20