泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 

ロングバケーション

キネマ旬報2007年6月号、俳優・香川照之の「日本魅録3より


★★(以下、抜粋はじめ)★★


あれはいつだったか。
木村拓哉の発する言葉が、脚本に書いてある台詞には全く思えず、
まるで今実際に彼が思っていることを、そのままリアルに話しているように感じ、
画面に釘付けになったのは。「あすなろ白書」だったか「若者のすべて」だったか・・・

この男は本当に台詞を覚えて喋ってるのか、それともアウトラインだけをなぞり、
後はアレンジしているのか、あるいは全てアドリブなのか。
私は同業者として気になって気になって、ドラマの中身に入り込めなかった、
といっても過言ではない。

俳優には二通りのタイプがいる。
台詞を徹底的に覚えるタイプ。そして、緩くしか覚えないタイプ。
前者にはたとえば、山崎努、佐藤浩一ら。後者には長瀬智也、西田敏行らがいよう。
木村拓哉はどちらに当てはまるのか。

そして今回「HERO」で共演の依頼がきて
初めて会う木村拓哉のドラマでいつも見ていた浅黒く精悍な顔を目の前にして、
ああキムタクだ、自然と心の中でつぶやいてしまう私はもはや完全な素人だ。

でもそれだけのオーラが男には宿っている。そのオーラに導かれるように
気がつくと私はいきなり舌下の牙を剝いていた。
彼にいきなり質問してしまったのだ。

「聞いていい?木村君は台詞は覚えているの?いないの?」
それは質問を越え、詰問、いや尋問に近かった。
もはや職務質問といってよかった。木村拓也はいぶかったろう。
会ったばかりの人間がもの凄い勢いで次々と自分のことを聞いてきたのだから。

しかし木村拓哉は、私の煩わしい質問に真摯に答えてくれた。

「セリフは、覚えます」
「それはシッカリと?それともわりとルーズに?」
「ケースバイケースです」
「現場の閃きとか重視する?」
「します。でも相手が誰なのか。事前にイメージして組み立てる」
「セリフの覚え方はどうするの?声に出していったりする?」
「声に出しては覚えません」

そう言うと木村拓哉は少し間をおいた。核心が来る予感がした。


「映像になって出てくるんです。
セリフを読んでいるうち、台本の上半分の余白にバーっと映像が現れて
それがどんどん編集されて、映像として場面が記憶されていくんです。
編集されたその映像と監督の求める映像が違ったときは、
その元になったセリフを360度仔細に眺め、烏瞰して、
新たな落とし所を決めていきます」

目から鱗が落ちた。
そうか。そうだったのか。だからなのか。
限りなく文字の羅列でしか覚えることしかできない私が、
あのようにセリフを自然に言えないのは仕方のないことだったのだ。

映像なら確かに一気に、言葉を超えてリアルな空気に肉薄する。
後輩の俳優たちのためにも、キムタクから彼の記憶法を聞きださなければ
ならないと誓って現場に臨んだけれど、これだけでも「HERO」に出演した
甲斐があったというものだ。

その記憶法は「ロングバケーション」のときからはじまったそうである。
「ロンバケの時に何かがカチッとハマった。役に近づくのではなく、
自分に近づく。それをあのとき初めて知った」そうである。

ロンバケから十一年。「武士の一分」を経た木村拓也が「HERO」の現場で
私に初めて投げかけた言葉が、普通の会話だと思って普通に返答したら
実は、もうセリフが始まっていたという衝撃の瞬間は
私の家宝として、いま胸にそっと仕舞われているーー。


★★(抜粋おわり)★★



キネマ旬報 2007年 6/1号 [雑誌]

キネマ旬報社 (2007/05/21)


日本魅録
日本魅録
posted with amazlet at 09.05.17
香川 照之
キネマ旬報社
売り上げランキング: 232198
おすすめ度の平均: 4.5
4 バイプレイヤーとしての視点
5 俳優・香川照之の人となりを知った本
5 邦画・ドラマが好きな人も、そうでない人も

日本魅録3
日本魅録3
posted with amazlet at 13.05.30
香川 照之
キネマ旬報社
売り上げランキング: 125,544



キムタクの役作りとは、役を自分のものにしてしまうものだった。
芝居の中の人物と自分自身を自動的に融合していく。
ありとあらゆるものを天才的なまでにすべてをこなしてしまう男。
今、まさに天賦の器用さと努力によって、すべてが結集している
ダバディ氏のブログを読むとさらにそう感じる
稲穂は実れば実るほど頭を垂れ、熟すれば熟するほど、頭を下げ謙虚になる。
決してゾンザイな態度はしない。
木村拓哉の言動を注意深く見ていると、彼は逆に人気が出れば出るほど
身の回りの状況を冷静に眺め,謙虚さ、優しさ、他人とのバランスなどを
学んでいるように思える。
(2007.6.2記)

香川照之映画「ゆれる」の感想

木村拓哉がお勧めする映画とは?

HERO 特別限定版(3枚組)
HERO 特別限定版(3枚組)
posted with amazlet on 08.02.16
東宝 (2008/03/08)
売り上げランキング: 21
おすすめ度の平均: 4.0
4 劇場に足を運んだ者から言わせてもらうと.......。
4 仕事にプライドを持つというコト
4 待ちに待ったHERO復活!


あすなろ白書 DVD-BOX
あすなろ白書 DVD-BOX
posted with amazlet at 09.05.17
フジテレビ (2002-05-15)
売り上げランキング: 18747
おすすめ度の平均: 4.0
1 低俗ドラマ
5 今見ると懐かしい
5 恋することのもどかしさ。
5 あすなろ会
5 Early Introduction to Japanese TV Drama


2014 12追加
やっぱキムタクはスゴイ

<<<<<<<<<<以下転載>>>>>>>>>>>>>
[2014/10/01]
俳優の勝矢が、9月30日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(毎週火曜23:15~24:15)に出演し、"木村拓哉伝説"を語った。

『HERO』でヒロインを演じた北川景子
13年ぶりに復活したフジテレビ系ドラマ『HERO』で警備員の小杉啓太役を演じた勝矢。木村の現場での振る舞いに感動したそうで、中でも最も驚いたのが70人以上いるスタッフ全員の名前を覚えていることだった。「必ず人を名前で呼びます。カメラや照明のアシスタント、大道具の方にも声をかけて」と振り返り、「全員で作るんだという意識がすごい高い方」とその姿勢を称えた。

クランクアップの時、撮影を任されていたのはそれまで散々怒られていたカメラアシスタントだった。そこで木村は「いつか俺がドラマやる時、お前がカメラマンで撮れるようになるといいな」と声を掛けたそうで、勝矢は「最後の最後までかっこよかった」と惚れ惚れ。それを聞いた司会の中居正広は「かっこいいなぁ」と褒め、「絶対言わない、俺」と自虐ネタで笑いを誘った。

そのほか、木村はスタッフやキャストの服のサイズを聞いて回り、背中にオリジナルのロゴをあしらったネルシャツを人数分用意。昼食は共演者と一緒に食べ、撮影を終えても楽屋に戻ることなく、前室で共演者と積極的にコミュニケーションを図っていたという。これに中居は「完璧じゃん」と反応。「俺、真逆だわ。すぐ楽屋戻るもん。昼飯、絶対一人で食べるもん」と語り、再び笑いをとっていた。

同作でヒロイン・麻木千佳役を演じた北川景子。ドラマ公式サイトのインタビューでも北川は「やっぱり、すごい方です。普通、主役の方は出番が多いので、セリフを覚えたりとか家に帰ってからの準備も大変で、必然的に睡眠時間が少なくなって…自然に余裕がなくなってしまうんです。ですので、収録では自分以外のことに中々目を向けることが難しくなります。私が主役をやらせていただくときも、そうなってしまいがちです。

ですけど、木村さんは収録現場にいらっしゃった時には、セリフが全部頭の中に入っているので台本を持っている姿を見たことがありません。お芝居のNGも出しません。その上で、周りに対しては役者だけでなく、スタッフのみなさんにまで気を配ることが出来る方です」と絶賛のコメントを寄せている。

http://news.mynavi.jp/news/2014/10/01/260/
マイナビニュースより

さらに追記(2015.2.15)
SMAP木村拓哉の凄さを吉田羊が証言 「普通1時間かかるところを1分位で台本覚えちゃうんじゃないか」
2014年9月22日 18時30分 トピックニュース

22日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)で、女優の吉田羊がフジテレビ系ドラマ「HERO」で共演しているSMAP・木村拓哉の凄さを語った。

この日のサイコロトークで、吉田は「私のHERO」をテーマにトーク。そこで吉田は「私のHEROは木村拓哉さんです」と言って、ドラマ「HERO」の収録現場でのエピソードを披露した。

HEROでは、木村は久利生公平検事役で主演。吉田は馬場玲子検事役を務めている。

吉田によれば、「HERO」最終回で木村は長時間に渡って「1人でしゃべる法廷シーン」があり、その台本は7月26日放送された「武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ」(フジテレビ系)の2~3日前にできあがってきたのだという。

27時間テレビはSMAPが総合司会を務めていた一方で、HERO最終回の収録はそのすぐ後だったため、HERO出演者の間では「木村さんいつ(台本を)覚えるんだろうね」と話題になっていたらしい。

ところが、いざ蓋を開けてみれば木村は「リハーサルから1回もNGを出さずにパーフェクト」の演技を披露したというのだ。

驚いた吉田は、木村に「いつ(セリフを)覚えたんですか」と訊いたところ、木村は「でも27時間テレビの『ちびまる子ちゃん』のとき休んでたからね」と答えたのだという。

どうやら、木村は27時間テレビ中のアニメ「ちびまる子ちゃん」が放送されている30分の間に、台本の膨大な量のセリフを覚えてしまったということらしい。

これに吉田は、「(そこの)30分は(ちびまるこちゃん後に行われたSMAPの)ライブのスタンバイ時間じゃないですか。そんな時間に覚えられるはずないと思ったんですけども…」と言って、驚嘆したことを興奮気味に振り返った。

そして吉田は「多分木村さんは、台本を覚えるにしても、普通の人が1時間くらいかかるところを1分位で覚えちゃうんじゃないか。それくらいの集中力を持ってらっしゃるんじゃないか、という私の予想です」と木村の集中力の凄さを語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/9280183/
2014年9月22日 ライブドアニュースより
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakeru.blog23.fc2.com/tb.php/906-e120e2b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20