泣ける映画と本のblogです★彡泣けるもの感動したもの紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタも紹介します。古い過去記事への拍手も宜しくお願いします♪リンクフリー

<映画関連News一覧> Amazonの売れ筋泣ける映画best10  DVD  CD 




すげえなライブでこれ
全盛期のホイットニー、マライアに匹敵

Story 5
Story 5
posted with amazlet at 18.09.07
POS & So Hyang
Ji Kim (2014-10-20)
売り上げランキング: 646,957
新聞に載った人生相談

Q
三十代のアルバイト。
四年前に別れた恋人の事が未だに忘れられません。

彼とは大学時代からの付き合いで、お互いに結婚も意識していました。しかしある日彼の態度が一変し、「レベルの低い女だ」と一方的に別れを告げられてしまいました。

私は落ち込んで悩み、突発性の難聴など心身ともに痛手を負いました。最近ようやく精神的に落ち着いたのですが、彼が二年前に結婚したことを耳にして、また動揺しています。

相手は仕事で知り合った女性とのこと。私の存在が邪魔になって別れを切り出したのかも知れません。
 
辛い気持ちを彼にぶちまけようかと思う一方で、離婚して私のもとへ戻ってきて欲しいとも願っています。

気持ちがとても揺れ動いていて、苦しく愚かしい日々を過ごしています。どうすれば気持ちが整理できるのでしょうか。(神奈川・N子)



A
この欄を担当して四年。
どれほど同じ様な内容のお手紙を目にしてきたことでしょうか。

「どうすれば好きだった彼のことを忘れられるか」というのは、もはや人生案内の永遠のテーマかも知れません。
 
決して皮肉ではなく、振り返れば、私自身にも思い当たることはありますし、多くの人たちもそうに違いありません。そして、それに対してピタリとあった解決法、マニュアルに誰もであった事がないのも事実です。
 
ですから、私に言えるのはいつも次の二つだけです。
 
一つは、今言ったように自分だけがと思わないこと。他にも同じ様なことで悩み苦しんでいる人が大勢いるのですから、自分だけが愚かしい日々を過ごしているなどと思い詰めることはありません。
 
もう一つは、そのような人たちのために文学や映画があるということ。

あなたのような人、一人一人に答えるために、世界はこれだけ多くの文学と映画が用意されているのだと、私は思うのです。


大森一樹(映画監督)

読売新聞2001年4月28日より





ヒポクラテスたち [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2008-02-22)
売り上げランキング: 34067
おすすめ度の平均: 5.0
5 和製「アメリカン・ニューシネマ」
5 今のボンクラな若者すべてに見せたい作品
5 日本のグラフィティ
5 あの頃私もそこに居た
5 医学部を扱っているが普遍的な青春映画の傑作。
丸ごと野菜COOK BOOK(2) キャベツ料理 ~野菜がおいしい毎日のおかず~ (丸ごと野菜COOK BOOK 2) (丸ごと野菜COOK BOOK 2)

タカ&トシの番組「お試しか」で太りにくい夜食を身体をはって調べる
という企画があり、さまざまな食材を寝る直前に大量に食べて
翌朝どれだけ消化して体重が減っているかの実験をしていました。

かなり厳密にやっていて、その内容は
実験当日、午後3時~深夜12時まで一切飲食を禁止し
深夜12時に1つの食材を1kg食べ就寝し、翌朝体重を量るというものです。
(しかも寝ている間もトイレに一切行かないルール)


その結果。
夜食べて一番消費する食べ物
(食べても太らないランキング)
※1kg食べた翌朝・7時間後、消費した量で測定

第1位キャベツ(900g)
第2位豆腐(700g)
第3位もりそば(700g)
第4位ピザ(650g)
第5位ごはん(300g)
第6位ラーメン(250g)
第7位カルビ(0g)


なんとキャベツは1kg食べた分の9割が消化され
7時間後には100g分しか残っていないとの結果。
あれだけ食べて体重が殆ど増えず。

それに比べ、ごはんとかラーメンはそれ程消化されない。
よく噛んで食べないと太ったまま消費されず
体重の増加につながるようです。
最下位・焼肉は全然消費されない(笑)


キャベツには胃腸薬に良く使われるビタミンU・葉酸といった
消化を助ける栄養素が含まれているため
殆どが消費されたようです。

どうしても夜食べたくなったら、キャベツの千切りで我慢する
のがいいようです。ノンオイルのドレッシングなら油分が
ないのでよく消費されるようです。



★彡泣ける映画と本のblogです。映画の感想や泣けるもの全般を紹介してます。映画・本以外にも泣ける歌、面白ネタなどもいろいろ紹介します。古い過去記事への拍手もよろしくお願いします。  ⇒【このblogTOPページをお気に入りに追加する】  & ⇒ ⇒ ⇒Amazonで買い物はこちらからどうぞ   
dvdTOP20   J-popTOP20  GAMETOP20  本のTOP20